ホンダ「CBR1000RR-Rファイアブレード」は買いなのか?旧モデルとの比較から見えた高性能ぶり

ホンダの技術の粋が詰まったフラッグシップモデル、CBR1000RR。圧倒的動力性能の高さからサーキットガチ勢はもちろんのこと、”走り”を重視する人々からは熱い視線を集め続けています。正直、先鋭的なデザインのカッコよさだけでも手に入れる価値はあると感じてしまうバイカーだって多いことでしょう。

2020年3月には名称にRを一つ増やして「CBR1000RR-Rファイアブレード」としてフルモデルチェンジしました。トリプルアールなんて愛称もついていて、名前だけでもなにやら凄そうに感じますが、具体的には旧モデルと比べてどこが進化したんでしょう?そのハイパフォーマンスぶりを探っていくと、300万円近い価格設定にも納得がいきます。

 

過激なスペックと乗りやすさを両立させた最新リッタースポーツ

現行の6代目はベースとなる「CBR1000RR-Rファイアブレード」と特別仕様の「CBR1000RR-RファイアブレードSP」の2グレード展開です。前者が税込み242万円、後者が278万3,000円と価格もスペシャル。重量に至ってはリッターバイクとしてはかなり軽量の201kgしかなく、対するエンジンは出力が218psと”パワーが重量を上回る数値“になっています。軽い気持ちでアクセルを開けると、どこか飛んで行ってしまいそうなモンスターバイクになっていますね……。

もっとも、とんでもなじゃじゃ馬かというとそこは最新のスーパースポーツ。ちゃんとウイリーコントロールにトラクションコントロール、そしてライディングモードといった、ホンダ先進の電子制御が組み込まれているので、意外なほど乗りやすいマシンに仕上がっているんです。

 

より高度なスポーツライディングが楽しめる「SP」

約35万円高のSPはエンジンこそそのままなものの、足回りが強化されています。オーリンズ製の電子制御サスペンションや、ブレンボ製のブレーキキャリパーなど、数多くのレーシングバイクに使用されているのと同等のパーツが盛り沢山。もはや自分で手を入れるところなんてないレベルですし、そのままレースに使用できそうなくらいの充実ぶりです。

他にも車体の軽量化につながるリチウムイオンバッテリーの搭載や、クラッチレバー操作不要でギアチェンジが可能なクイックシフターも標準装備。ひとたび乗れば、腕が伴わなくてもサーキットの自己ベストを軽々更新できちゃいそうですね。

 

グランプリレッドというカラーリング自体はベースグレードと変わりませんが、オーリンズのゴールドの輝きは一目で「SP」と気づかせてくれます。さりげない主張なところがまたニクイ。所有欲も満たしてくれそうです。

 

トリプルアールは伊達じゃないといえるほどの進化ぶり

もともと先代となるCBR-1000RRもサーキットで十分な戦闘力を持っていました。それにも関わらず、ファイアブレードではあらゆる部分が見直され、もはや別物といえるほど進化しています。

 

先代より26psも上がったエンジンパワーをはじめ、メインフレームやスイングアームも新設計で、全体の剛性が向上。同時にリアサスペンションの取り付け位置を見直し、スイングアームを30.5mm延長することでリアタイヤの設置性が向上。これによりさらに優れた回頭性を実現しています。

タイヤサイズも先代の190/50ZR17から200/55ZR17へと変更されたことで剛性が向上。路面と乗り手の入力をサスペンションが追従しやすくなっており、先代よりも高い走行安定性を持つに至っています

 

エンジンの出力アップに伴うように各部の剛性が高められたことで、より安定性と回頭性を得たのが最新のトリプルアールなのです。

 

お値段以上だけど公道メインには持て余す

ハイパフォーマンスぶりからすると、その高級さにも納得がいくCBR1000RR-Rファイアブレード。とはいえそのスタイルにだけ惚れて、公道メインに使いたいというバイカーは正直やめておいた方が無難でしょう。いくら電子制御で乗りやすいとはいえ、218psもの高出力。アクセルを開ければあっという間に200キロオーバーの世界にいざなわれます。免停も必至!前傾姿勢もきついですし、長距離乗るバイクとはとてもいえません。

それでも、週に一回はサーキット走行を楽しんでいるという上級者には頼もしい相棒となります。自分の限界を超えたいなら300万弱出す価値はあるかも。

 

CBR1000RR-Rファイアブレードの主要諸元

全長×全幅×全高:2,100×745×1,140mm
最低地上高:115mm
シート高:830mm
最小回転半径:3.8m
車両重量:201kg
エンジン型式:水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量:999cc
最高出力:218ps/14,500rpm
最大トルク:113N・m/12,500rpm
変速機:6速マニュアル
燃料タンク容量:16L
タイヤサイズ:前 120/70ZR17M/C(58W)/ 後 200/55ZR17M/C(78W)
価格:242万円(税込)【SP】278万3,000円

本田技研工業株式会社

公式サイト

サクミライ

サクミライ

読書とバイク・車など乗りものが大好きで、長らくレースにも参戦していました。週末はツーリングや自転車でお気に入りのコースを走っていたりします。