fbpx
【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

ホンダがスクランブラーの市販予定モデル「CL 500」を世界初公開したことは先日お伝えしました。そのなかでサラッと日本向けとして「CL 250」を発売予定と報じましたが、日本での本命は間違いなくこの250ccモデルでしょう。

では早速、CL 250の一部詳細と純正オプションパーツが判明しましたのでご紹介していきましょう!

日本発売予定!ホンダ往年のスクランブラーCLが「CL500&CL250」としてパラツインエンジンで復活!【EICMA2022】

 

「CL 250」は気軽に乗れるスクランブラースタイル!

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

こちらがホンダの新型「CL 250」です。シンプルでとても良い感じですが、パッと見では「CL 500」と見分けがつきませんね。

 

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

CL 500(マットローレルグリーンメタリック)

比較するとエンジン以外のパーツの多くが共有されていることが分かります。アップマフラーをはじめ、ガソリンタンク、前後ホイール、前後ブレーキ、前後フェンダーといった機能パーツや外装類に至るまで、共有しているようです。

 

「CL 250」のディテール

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

エンジンは水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒で、排気量は249ccです。「レブル250」と同型のエンジンを搭載していますが、仕様は異なる可能性が示唆されています。

仮に「レブル250」と同仕様とすれば、最高出力は19kW/9,500rpm、最大トルクは22Nm/6,500rpmです。

 

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

車体構成でベースとされたのは、これまた「レブル250」。確かによく見るとフレームが一緒じゃないですか!

スクランブラー化するにあたり、ホンダは外装類に細かく手を加えています。例えば、フロントに搭載したショートフェンダーやフロントフォークブーツなどがソレです。「FTR」などのトラッカーバイクでお馴染みの手法ですが、スクランブラースタイルはこれらの外装が命ですからね。

レブル250をベースにスクランブラー化するとは驚きの一言です。

 

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

さらに細かく見ていきますと、フレームやホイール、フェンダー、サイドカバー、マフラーまでほとんどのパーツがマットブラック仕上げとされており、ちょっぴりワイルドな雰囲気を漂わせています。

 

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

ホイールサイズはフロントが19インチ、リアが17インチです。スクランブラーの前ホイールは19インチと、これは教科書通りに仕上げています。

キャストホイールがチョイスされており、そこに組み合わせるタイヤはセミブロックパターンを採用。タイヤは実用性を損なわない範囲で土っぽさを醸し出していますね。

 

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

シートはビンテージ感が漂うタックロールデザインが採用されています。1960〜1970年代に活躍したCLシリーズのシートは、タックロールタイプでしたのでそれを踏襲した形でしょうか。

また、形状はフラットですが適度に厚みがあり、タンデムライディングも楽しめることでしょう。

 

「CL 250」のカラーは3色展開

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

キャンディーエナジーオレンジ

気になるカラーのラインアップですが、先に掲載したキャンディーエナジーオレンジのほか、パールヒマラヤズホワイトとパールカデットグレーという全3色を予定しています。

スペックや価格といった情報が出ましたら続報をお伝えいたします。

 

純正アクセサリーも充実のラインアップ

すでに純正アクセサリーも充実していることが判明していますので、駆け足で一部をお見せしましょう!

トップボックス38Lワン・キー・システムタイプ(アルミパネル)

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

スクエア形状のハードケースです。ブラック基調にアルミパネル仕上げとされており道具感を漂わせます。車両本体のメインキーでボックスの開閉が可能になる「ワン・キー・システム」も採用されるそうなので使い勝手も良好です。

商品名 トップボックス38Lワン・キー・システムタイプ(アルミパネル)
全長×全幅×全高(mm) 約395×約450×約320
カラー ブラック(アルミ)
素材 ポリプロピレン樹脂+アルミ(パネル)
価格(税込) 未定

 

トップボックスインナーバッグ(トップボックス38L用)

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

上掲のトップボックスと共に使用すると便利なのが、このインナーバッグ。ボックス内部で荷物が暴れることを防いでくれます。

商品名 トップボックスインナーバッグ(トップボックス38L用)
全長×全幅×全高(mm) 約270×約390×約280
カラー ブラック
素材 ポリエステル
価格(税込) 未定

 

リアキャリア&リアキャリアブラケット

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

積載性向上には必須となるリアキャリア。トップボックス38Lを装着するためのキャリアブラケット(キャリア上にあるおにぎり型の樹脂パーツ:別売)が装着されています。

 

サドルバッグ(左側)14L

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

高耐久性を誇るバリスティックナイロンを採用したサドルバッグの14Lバージョン。強いうえに軽量な、旧ミルスペック(米軍規格)素材です。ショルダーストラップやハンドルも備えていますので持ち運びにも便利です。

バッグをワンタッチで簡単に脱着できるので、旅先などでバイクを降りた時の携帯性にも優れています。

商品名 サドルバッグ14L (左側)
全長×全幅×全高(mm) 約325×約320×約139
カラー ブラック
素材 バリスティックナイロン
価格(税込) 未定

 

サドルバッグ(左側)10L

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

上掲バッグの10Lバージョンです。用途に合わせてサイズを選べるようにしてくれているあたりは嬉しい限りですね!

商品名 サドルバッグ(左側)10L
全長×全幅×全高(mm) 約225×約320×約139
カラー ブラック
素材 バリスティックナイロン
価格(税込) 未定

 

サドルバッグステー

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

最後にご紹介するのはサドルバッグを装着するための必需品サドルバッグステーです。リアキャリアと同時装着が可能で、「CL 250」は車体右側にアップタイプマフラー出していますので左側のみの設定です。素材はスチール製のため、強度の心配もいりません。

 

準備中のドレスアップパーツ

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

さらにホンダでは、外装系アイテムも準備しています!ナックルガード、ヘッドライトバイザー、アップフェンダーはご覧の通り準備万端といった感じです。取り付けることで戦闘的な雰囲気に一変しますね。

 

【ホンダの大本命】新型スクランブラースタイル「CL 250」のディテールと純正オプションパーツが判明!

クラシカルなフラットシートをはじめ、リアサイドカバー、リアサイドカバーストライプ(ステッカー)、リアクッションカバーも準備されています。

ここで紹介した製品以外にも、いくつもの純正オプションパーツがリリースを予定しているので、ホンダがCL250に注力していることがうかがえます。早くも発売される日が待ち遠しいですね!

Writer: Reggy

Information

HondaGOバイクラボ
公式サイト
ホンダ
公式サイト

Keyword

Pickup

注目の記事