【オススメ車種付】ちっちゃめ女子でもカッコ良くバイクに乗る方法

「バイクが大好き!」「これから免許を取ったり、どんなバイクを買おうかと悩んでいる」そうお考えの”ちっちゃめ女子”のみなさん。教習所で、身長が低いという理由だけで小型限定免許を勧められたという人や、回りの男子からそんなに大きなバイクはやめといた方がいいといったことをいわれた人など、バイクへの憧れを諦めてしまおうと思った経験はないでしょうか。

 

そこのアナタ、ちょっと待って!まだ諦めないでください。ちっちゃくても憧れのバイクにカッコよく乗ることはできます。そんな筆者も身長155センチのちびっ子ライダーでしたが、900ccのバイクにも特にムリせず乗れていました。

そこで今回は、そんな”ちっちゃめ女子”のために、体に合ったバイク選びから、重たいバイクを操るコツまでをご紹介いたします!

 

やっぱり心配?足つき対処法

ちっちゃめバイカーの心配といえば足つきの問題。バイクを選ぶときに最も気にかけるのはスペックに記載されているバイクの”シート高”ですが、シートの形状にも注目してみてください。ガソリンタンクの方へ向かってシートが絞られている(細くなっている)形状だと開脚角度が狭くなるので、足つきがラクになります。シート高だけがすべてではないので、実際にまたがって確認してみましょう!

 

他にも、リアのサスペンションを柔らかく調整するという方法もあります。サスペンションを柔らかくすると、車体が沈み込みやすくなるので、結果的に足つきが良くなります。車種によっては自分でカンタンにできるのでオススメです。

ただし、サスペンションの硬さを変更すると乗り味が変わってしまいます。くれぐれも調整は慎重に行いましょう。

 

また、”アンコ抜き”といって、シートの中のスポンジを削って薄くするという方法もあります。なんだ、簡単そうじゃん……と思うかもしれませんが、自分で表皮を剥がすとキレイに元通りにできず、取り返しのつかないことになる場合もあるので、アンコ抜きはプロにお願いするのが絶対無難です。

 

腕力じゃない?重たいバイクを操るコツって?

ちっちゃめバイカーの心配事その2は、そもそもバイク自体が重いということ。

確かにバイクの総重量を見ると100kgなんて普通で、大型になると200kg超えもたくさんでとにかく重たいです。しかし、ウェイトリフティングのように持ち上げる訳ではないので、そこまで心配しなくても大丈夫です!コツをつかめば、力がなくてもバイクを操れますよ。

 

走行中は重さを感じることはあまり無いと思いますが、エンジンがかかっていない状態での取り回しが心配ですよね。例えば駐輪場への出し入れなど。重すぎてガッシャーンなんてことにならないか……なんて考えると怖くなっちゃって心が折れそうになりますよね。

そこでまずは、バイクの重心をみつけることがバイクを操るための近道です。自分の愛車の重心がどこにあるのかを把握しておくと、非常に取り回しもラクになります。バイクの左側に立ってハンドルを両手で持ち、バイクを軽く押したり引いたりします。立ち位置を少し変えて同じ動作を繰り返してみると、カンタンにバイクを動かせる位置と、重たくて動かし難い位置があることに気づくでしょう。これが、愛車の重心です。この簡単に動かせる位置を覚えておくと取り回しも簡単になりますよ。

 

また、バイクを押して歩く時には、シートサイドに腰をつけるようにするとラクです。ただし、くれぐれも自分が立つ反対側にバイクを倒さないように気をつけてくださいね!

 

ちっちゃめ女子に人気のモデル

バイクの扱い方をおさらいしたところで、今度は女子に人気のモデルをご紹介します。重いバイクをうま〜く扱うにはやっぱり経験が大切なので、最初は軽くて取り回しのいい車種から練習するといいですよ。

 

足つきバツグン。スリムで軽い「ホンダ レブル」

ホンダ レブル250(2020)

一番の魅力はスリムで軽い。ハンドルの位置も遠くなくラクな姿勢で乗車ができ、なんといっても足つき抜群なので女子に人気の1台です。シンプルなデザインや落ち着いたマットカラーもクールな女子といった印象で素敵!ちなみにシート高は69cmととっても女子に優しい低さです。

 

イケてるマスクに身惚れちゃう「ヤマハ YZF-R25」

ヤマハ YZF-R25(2020)

スポーツバイクに乗りたい女子にオススメなのがヤマハのYZF-R25です。コスパが良く性能が高いというのが人気の理由ですけれど、それだけではなく、とにかく顔がイイ!斜め前から見たLED2眼のお顔は、思わず振り向いてしまうくらいカッコいい!せっかく愛車にするんだったらイケメンの方がいいですよね。もちろん走りも楽しめて、初心者でも乗りやすいと人気の一台です。

なお、シート高は78cmとやや高め。でもシート形状がタンクに向かって先細りしているので、意外なほど足つきがいいのです。

 

とにかくタフで初心者も安心「ホンダ VTR」

ホンダ VTR(2002)

とにかく乗りやすいという声を多く聞くのが、ホンダ VTRです。現行車種ではないですが中古車の流通量も多いですし、なにより軽量で取り回し易く、とにかくタフ!壊れにくいという点は、すごくポイントが高いですね。マシントラブルは、女子にとっては結構やっかいなものですし、初心者なら尚更。自分で直せるという人は心配ありませんが、それでもマシントラブルは少ないに越したことはありません。

シート高は年式によって若干違うものの、74〜76cm。やっぱりシート先端が絞られているので、とっても足つきがイイ!

 

憧れを実現するにはショップに相談してみよう

ここであげた車種はもちろオススメですが、最初から憧れのバイクに乗りたいという女子もいますよね。そういうときは、最寄りのバイクショップにまず相談してみましょう。実はバイク選びの時に身長で悩んでいる女子はすごく多いのです。ショップの店員さんなら同じ悩みを持った女子から相談されていることも多いはずなので、きっとアナタの悩みに寄り添ったアドバイスをしてくれますよ。自分に合ったステキなバイクに出会えるといいですね!

本田技研工業株式会社

公式サイト

ヤマハ発動機株式会社

公式サイト

jaychay

jaychay

トップガンに憧れてニンジャに乗ってしまったバイク女子。現在はバイク育児休暇中の2児のママです。女子目線からバイクの魅力を発信していきたいです!