【意外といいかも】150ccを選ぶメリットとは?

バイク乗りの私たちでも聞きなれない150ccクラス。それもそのはず、もともと日本でも存在してはいたものの、税金や保険などの排気量区分では微妙な位置付けであったため、決して目立つ存在ではありませんでした。

 

そのため、「125ccよりも維持費が高い…」「250ccよりもパワーがない…」中途半端なバイクとしてのレッテルが貼られていたこともしばしば。

 

しかし近年はアジア圏で人気が高く、魅力的な150ccバイクが次々と開発されており、少しずつ評価され始めているのも確かな事実。日本への輸入も始まっています。そんなグローバルモデルになりつつある150ccのバイクのメリットをしっかりと考えてみたいと思います。

 

日本では中途半端なクラスかもしれないがアジア圏では人気のクラス

150ccバイクはアジア圏ではわりとポピュラーです。なぜなら通行量の多いタイやインドネシアの道路では、スリムな車体である程度パワーもある150ccクラスがちょうど良いからです。

 

また、アジア圏の人の移動手段のほとんどはバイクですので、日本とは比べものにならないくらい需要があります。そのためバイクメーカーはこぞってアジアの市場を狙ってバイクの開発を進めています。近年登場した150ccバイクを見てみましょう。

 

  • ヤマハ YZF-R15

  • スズキ ジグザー

日本の250ccクラス並みの洗練されたデザインでかなりカッコイイ印象を受けます。メーカーの熱量が伝わってきませんか⁉︎

 

150ccバイクのメリット

意外とよさげなモデルがあることはわかりましたが、日本で150ccバイクを使うメリットはなんでしょう。あらためて考えてみると、次の4つが考えられます。

 

高速道路が走れる

もちろん維持費を考えると125ccバイクの方に軍配が上がりますが、150ccであれば250ccと同じナンバー区分ですので、高速道路も走れるのです。

 

ただ車体自体が軽く、風にあおられると不安になるのもたしかで、さすがに高速走行を楽しむとまではいきません。でも長距離ツーリングを楽しむには高速道路の走行が必要不可欠です。仲間と一緒にマスツーリングを楽しむ時に、仲間外れにされないのは重要ですからね!

 

めちゃくちゃ小回りが効く

125cc並みのスリムな車体に単気筒エンジンを搭載しているのが150ccの基本。しかもアジア圏では生活必需品としての位置付けとして販売されているため、ハンドルの切れ角も大きく設計されているのです。

 

そのため取り回しも簡単で、めちゃくちゃ小回りが効きます。狭い路地裏の走行もラクラク。さらに足つき性も良いため、女性でも難なく乗りこなせるでしょう。

 

アジア市場向けのため価格が安い

150ccバイクのほとんどはアジアで生産されており、販売価格がかなりリーズナブル。アジア圏は物価も安く、バイクの値段が高ければ売れませんからね。

 

どうやって製造コストを削っているのかというと、例えば150ccバイクのほとんどは単気筒エンジンが採用されています。単気筒エンジンはパーツ構成も単純で、使用オイル量も少なく済みますので、コスト削減に向いているのです。

 

また、車体を構成するパーツや外装パーツは他のバイクのものを流用することで、新たな部品の開発コストも抑えています。車両の価格以外にも、150ccバイクはエンジン自体にトルクがあるため、高回転まで回す必要がありません。

 

そのため市街地走行では比較的燃費が良く、維持費にも大きく貢献しています。さらに高回転まで回さなくてもしっかり走ってくれるのは、バイクに負担をかけないことにもつながります。故障のリスクも少ないのもありがたいですね。

 

峠道を走るにはちょうど良い

150ccのバイクは日本の峠道にちょうど良いサイズとも言えるでしょう。エンジンパワーを使い切ることができますし、車体も軽くヒラヒラと旋回できますからね。

 

また、150ccバイクはあくまでも市街地走行をベースに開発されているため、峠道でハイペースに走ると簡単にエンジンやサスペンションの限界に到達します。

 

しかしこの状態こそがバイクの限界を引き出してあげている状態でもあり、走りを楽しむライダーであれば、ドハマりすること間違いなし!

 

まとめ:意外とメリットは多い!

150ccバイクのメリットをご紹介しました。150ccバイクは「ファミリーバイク特約」が使えないため、新たに保険に入り直す必要があったり、税金区分が250ccクラスと一緒になるため、損をした気分になったりする人がいるかもしれません。

 

しかし今回ご紹介したように、150ccバイクは軽くて小回りが利く上に、高速道路も走れるため、「意外とメリットも多いかも」と感じるはず。国内モデルでは見ないカッコいいモデルも多いので、デザインが気に入ったらワンチャンいい選択肢かもしれませんよ!

参考Unsplash
ヤマハ発動機

公式サイト

スズキ株式会社

公式サイト

もーりー

もーりー

車・バイクジャンルのWebライター。モータースポーツの聖地鈴鹿を拠点に9年間ロードレース活動をおこなっていますので、実体験をもとに様々な情報をご紹介します。