fbpx

もはや原型がない!?ジャンルレスなカスタムがかっこいいGS750カスタム!

1976年に登場し、スズキでは初となる4サイクルエンジンを搭載した大型モデル「GS750」をベースとしたカスタムマシンが今回の主役になります。GS750といえば、ベテランライダーにとっては懐かしいモデルではないでしょうか。

国内・海外から高い評価を得た銘車をベースに、オランダのRno Cyclesがオシャレでカッコ良くカスタムしたという事なので、早速見ていきましょう!

 

ベース車両はスズキ「GS750」

スズキ・GS750

GS750は様々な困難からスズキの存続危機を救ったといわれている立役者的モデル。※説明すると長くなってしまうので、今回は割愛させていただきます。

なんといっても搭載された直列4気筒DOHC 2バルブエンジンと、そこから伸びる4気筒エキパイの造形美が魅力的ですよね。ちなみに、現在国内における中古相場は150〜250万円なので、旧車価格としてはそこまで高額ではありませんが、当時の価格が48万5,000円だったことを考えるとかなり値上りしてますね。(希少価値として当たり前ですが……。)

ベース車両であるGS750が気になっている方は、旧車ブーム到来中なので、これからさらに高騰してしまう前にご購入をオススメします!

 

Rno Cycles「leafed」

かろうじてエンジンだけは原型を留めていますが、それ以外のパーツはほとんどワンオフや社外製品を用いて、フルカスタムが施されています。

また、カラーリングやブロックタイヤから、ほんのりミリタリーテイストが感じられますが、レーサーでもオールドスクールでもなく、ジャンルレスな格好良さが実に魅力的ですね。個性豊かなパーツレイアウトもしかり、バランスよくまとめ上げているあたりは流石と言えましょう。

 

細部までこだわりが詰まったディテール

マイナーチェンジを行った「GS750E」に採用された星形キャストホイールを前後に装着。オレンジに塗装することで、ミリタリージャケットの裏地よろしくアクセントとして一役買っています。また、ブロックパターンタイヤを履かせることで、無骨なルックスとオンオフ両用の雰囲気を醸し出しています。

 

フロントフォークには、板バネ採用のレトロなルックスでありながら、現代の技術によって作られたKruys water motorfietsen製のオリジナルパーツをチョイス。

 

ローポジションを生み出す、ハンドル一体型のトップティー。スイッチボックスやタコメーター、キーシリンダーにハンドルポストなどを取り除いたため、スッキリとした印象のハンドル回り。また、メインフレーム下にマウントされたアルミタンクの造形もしかり、止めつけ具やタンクキャップ、同店のエンブレムに至るまで、随所に並々ならぬこだわりを感じます。

 

見所のエンジン部は、エキゾーストパイプの複雑怪奇な取り回しや、サイレンサーの取り付け位置など、斬新なアイデアとセンスが感じられますね。なによりエンジンの機械美をさらに引き立たせていると言えましょう。

 

カスタムマシンの名称にもなっている麻の葉がカービングされたレザーシートと、タンクと同様にプリズミックなフォルムが特徴的なアルミ製のリアカウル。シートとフレームを繋ぐレール部分は、フロントフォークと同じく板バネで統一されています。実際に、どんな乗り心地なのか試してみたいものです!

 

ビンテージバイクをカスタムする選択肢

ビンテージバイクはストックの状態を維持しながら大切に保管している人が大多数ですが、思い切ってここまでカスタムをして、気軽に乗るという選択肢もアリなのではないでしょうか。それにしてもGS750がここまで変貌を遂げるとは……。バランス感覚と技術力に長けたビルダーが製作すると、ここまで格好良く仕上がるんですね!

以上、ビンテージバイクの造形を見事に活かした、ジャンルレスなカスタムマシンのご紹介でした!

Rno Cycles

公式サイト

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。

Check the 中古車相場!

GS750の中古車相場

GS750の中古車相場をみる

GooBike GS750の現在の中古車相場は000〜000万円中古車相場を見る
BBB GS750の現在の中古車相場は000〜000万円中古車相場を見る
バイク王ダイレクト GS750の現在の中古車相場は000〜000万円中古車相場を見る