巨体のクセに軽やかすぎる!? BMW「K1600B」に試乗したら想像と180度違ってた

BMWのバイクといえば、伝統的なボクサーエンジンを搭載した「Rシリーズ」が有名ですが、クルマ顔負けの並列6気筒エンジンを搭載した「Kシリーズ」もリリースされています。

こちらはラグジュアリーなツーリングをテーマに設計された最上級クラスであり、現行では3モデル展開。中でも人気を集めている「K1600B」に試乗してきましたので、早速レポートしようと思います。

 

バガースタイルの大型クルーザーモデル

K1600BのBとは「バガー」のことで、車体デザインにマッチしたサイドケースを装備するクルーザーモデルを指します。このタイプで最も有名なバイクはハーレー「エレクトラグライド」でして、こちらはBMW流の解釈が成されています。

 

最大の特徴は160psを発揮する「1,600ccの並列6気筒エンジン」を搭載していること。クルマに匹敵する余裕のパワーで、長距離ツーリングが快適にできるよう設計されています。ちなみにホンダのゴールドウイングも同じく6気筒を搭載していますが、あちらは「水平対向」とまた異なった型式です。

 

豪華な装備類とバッグギア付き

BMWの最上級クラスに属するマシンだけあって、K1600Bの装備は非常に豪華です!ABSやトラクションコントロール、ライディングモードセレクトなどの電子制御類はもちろん、電動式のスクリーンやラジオにオーディオシステムなど「クルマ以上」じゃないかというくらいユーティリティを備えています。

あまりに色々な機能が満載なので、ハンドルまわりに他のバイクでは見慣れないボタンが沢山ついていますし、メーターの横がスピーカーというのもこのバイクならではです。

 

大型のヘッドライトはコーナーの先を自動で照らす「アダプティブヘッドライト」になっていて、強烈な光を放つフォグランプも標準装備になっています。

もちろん、これだけてんこもりの装備に大排気量エンジンということもあり、350kg!とちょっと取り回しに苦労するレベルの重さです。そうした面を見越してか、うれしいことにバッグギアを搭載済み。日常での使い勝手も上々です。

 

クルーザーモデルなので足つきが非常に良好

細部と機能を確認したところで、早速試乗へ。まずK1600Bはクルーザーモデルなので、足つきが非常に良好です!シート高は75cmですし、身長173cmの筆者の場合は両足ベタベタで不安は一切ありません。

本来であれば重量級バイクのストップアンドゴーの多い市街地走行はなるべく避けたいところですが、足つきが良いので特に神経を尖らせることはありませんでした。つまり得意のツーリングはもちろん、市街地走行も案外イケる!というのがK1600Bのメリットのように感じました。

 

6気筒の滑らかで極上の乗り心地はクセになる

BMWの6気筒エンジンはクルマ・バイクを問わず通称「シルキーシックス」と呼ばれていますが、K1600Bの乗り味は正に「シルキー:なめらか」の一言です!

エンジンをかけると1,600ccの野太い音がすると思いきや、ヒュイーンという軽やかな音を奏でながら、車体がスルスルとまるでオートマチック車のように進みます。

正直、見た目のイカつさとは180度違う走り出しだったので「何だ、この乗りやすさは?」と思わず声をあげてしまいました。

 

クルーザーモデルは大半はチェンジペダルがシーソー式なのですが、こちらは大型のフットレストの後ろに通常のチェンジペダルがあります。普段アドベンチャーばかり乗っている筆者でも操作に戸惑うことはありませんでした。またギアチェンジも至ってスムーズの一言で、さすがにエンジンが1,600ccもあると何速でも鋭い加速をしてくれます!

 

コーナリングも重量級の巨体が嘘のようにヒラリヒラリと曲がるので、それこそラジオやオーディオを聴きながら、鼻歌まじりでワインディングを楽しむことができました。正直、一度乗るとクセになる極上の乗り心地です!

 

この軽やかさは乗ってみないと分からない!

実際にK1600Bを目の当たりにすると、きっとその迫力満点の巨体に怖気付くかと思います。こんなの絶対に乗りこなせないと……しかし、エンジンをかけた瞬間にその不安は吹き飛んで、軽やかな走りを楽しむ自分がいるはずです。

正直、300万超えのプライスなので所有には勇気が必要ですが、ぜひ一度乗ってシルキーな乗り心地を味わって欲しいです!

BMWモトラッド

公式サイト

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。