「俺は好きだよ…?」しかし世間の評価が低い現行車まとめ

最近のバイクはスタイルもカッコよく、電子制御も進歩してきています。国産車であってもデザインや性能が評価され、人気のバイクも多くなってきました。

 

特に最近は、「バイク女子」という言葉も流行り始めてくるなど、誰が乗っても乗りやすいバイクが増えてきたようにも思います。しかし、世に出したバイクが必ずしも期待通り受け入れられるのかというと、そうとも言い切れません

 

メーカーが巨額な開発費をかけてやっとの思いで販売まで漕ぎ着けたバイクであっても、意外と評価されなかった…… なんて悲しい現実に直面することもあるのです。そこで今回は、いつもとはちょっと見方を変えて、世間からの評価が低い現行バイクを調べてみました。

 

スペック上は問題なし!でも意外と評価が低かった残念なバイク

残念なバイクと言っても現行車であることには変わりありませんので、スペック上は申し分ありません。しかし使いやすさに惜しい部分があったり、「ちょっとデザインがなぁ……」と言われるように、他のバイクよりも世間の評価が少し劣ってしまうなんてことも起こるようです。

 

そんなちょっと残念なバイクは、以下の通りです。

  • ホンダ CB650R
  • ヤマハ FJR1300
  • カワサキ Ninja1000

有名な「CB」や「Ninja」などの名前が付けられているバイクの中にも、評価が低いバイクがあるのは意外ですよね。それでは残念なバイクについて詳しく見ていきましょう。

 

ホンダ CB650R

スポーツネイキッドとしての位置付けであるCB650Rは、大型バイクに気負わず乗ってもらえるように、扱いやすさが徹底的に磨き上げられたバイクでもあります。

 

倒立サスに4気筒エンジンと、一見ストリートファイターのようにも見えますが、乗り味やエンジンパワーはかなりマイルドに仕上げられています。しかしあまりにもクセがなさすぎて、世間からは「つまらないバイク」として認知されてしまいました。

600ccクラスのビッグバイクとなると、ライダーの嗜好性が高くなりますので、逆に尖っているバイクの方が人気が出る傾向があります。

 

さらにこのクラスは、他メーカーの攻撃的なストリートファイターと存在を争うことになりますので、大人しいCB650Rはさらに不利になってしまいます。

コンセプトこそ世間が求めるものに近付けることができなかったとも言えますが、バイク自体の完成度の良さはかなりのもの。大型免許をとって最初に挑戦する1台と言っても良いかもしれませんね。

 

ヤマハ FJR1300

ヤマハのビッグツアラーモデルでもあるFJR1300は、電子制御スロットルやトラクションコントロール、電子サスペンションなど、持てる制御系技術をすべて詰め込んだヤマハの力作として登場しました。

 

また、海外でも販売され、ヨーロッパや北米ではかなりの人気車種となっています。しかしこのバイク、何と言っても300キロ近くある車重や、分厚いカウルのせいで、狭いスペースで取り回すと地獄のようにしんどいのです。

 

狭い日本の公道ではどうしても使い道が限られており、ユーザーからは「不便なバイク」という印象の方が強く残るのが残念なところ。

ただしワインディングロードや高速道路での走行や、旅行道具を積んでの長距離移動ではそのポテンシャルをいかんなく発揮します。週末ツーリングだけと割り切って乗るのであれば、十分存在価値があるバイクでもあります。

 

カワサキ Ninja1000

カワサキスポーツバイクの代表である「Ninja」の名を冠しているNinja1000。生粋のスポーツバイクというより、ツーリング志向のスポーツツアラーといった位置付けのバイクとなります。

同クラスに「ZX-10R」が存在しますので、より万人に好まれるツアラータイプのバイクとして販売されたようですね。

 

しかし、世間の人は「Ninja=スポーツ・スパルタン」というイメージを強く持っていたため、オールラウンドなNinja1000は、中途半端なバイクとして認識されてしまいました。

 

足回りも柔らかめにセッティングされていますので、ちょっと攻めようと思っても、イメージしていたようにピタッと決まりません。スポーツ志向が強いライダーの中には、ストレスがたまる人もいるようです。

ただ、そのセッティングが地面のギャップを吸収してくれるので、高速道路などの直進安定性はかなりのもの。おまけにアップハンドルですので、Uターンや取り回しもかなり楽。

 

名前が名前だけに、そのギャップのせいで低評価がついてしまったバイクですが、普段の生活でも乗りたいという人であれば申し分ない1台とも言えるでしょう。

 

まとめ

今回は世間からの評判が低いちょっと残念なバイクをご紹介しました。結局のところ、世間が求めているイメージよりも少し違ったり、ギャップがマイナスな方向に動くことにより、評価が低くなってしまう傾向があるようです。

 

決してそのバイクの出来が悪いといういうことではありませんので、乗ってみるのも全然アリですよ!現行のバイクであるため性能はかなりのもの。きっと私たちを楽しませてくれるでしょう!

参考Unsplash
本田技研工業株式会社

東京都港区南青山2-1-1

公式サイト

ヤマハ発動機

静岡県磐田市新貝2500

公式サイト

カワサキモータース

兵庫県明石市川崎町1番1号

公式サイト