イタリアの小規模メーカー「マーニ」のItalia 01/01、もはや芸術品

イタリアンバイクといえば、ドゥカティ、MVアグスタからベスパまで、とにかく各社が美しさにも並々ならぬコダワリを持っていることが、その製品群から伝わってくるわけですが……。

今回ご紹介するマーニ「Italia 01/01」は、群を抜く美しさなのであります。

 

マーニはイタリアの小規模メーカー

若い読者さんには、マーニって聞きなれないメーカーかも知れませんね。MVアグスタが全盛時代を迎えていた60~70年代、同社は37もの世界タイトル(マニュファクチャラー)を獲得しており、文字通り「無敵」だったわけですが、その時にMVアグスタのレース部門ディレクターを務めていたのが、アルトゥーロ・マーニ氏なのであります。その後、MVアグスタを離れた後に独立して、大手メーカー製エンジンを搭載した特別なモデルを作り続けてきました。

 

当サイトでも過去に、こんなモデルを紹介しましたね。コレはMVアグスタの名車「750S」へのトリュビュートモデルでありました。

で、今回発表された「Italia 01 / 01」は、マーニ氏の没後5年に当たる今年、今一度アルトゥーロへの敬意を示すために制作された、とのことです。

 

マーニ「Italia 01/01」は芸術作品だ!

さて、コチラが、その「Italia 01/01」。60~70年代のクラシックバイクそのものといった出で立ちですが……とにかく美しい!

 

エンジンは今でも良好な関係を築き続けているMVアグスタ製。「Brutale」の800cc 3気筒エンジンを搭載していまして、フレームはマーニのオリジナル品。クロモリ製です。

 

そして見る者の目を釘付けにする美しいハーフフェアリングは、アルトゥーロが愛して止まなかった装備です。これは「バイクにスポーティな外観を与えながら、エンジンの機械的構造のすべての美しさを目に見えるようにする」からだそうです。

 

本モデルのために特別に制作されたタンク&シートとのマッチングも完璧であります!

 

70年代のGPマシンを彷彿させる美しいフロントフォークはイタリアのORAM製品をチョイス。無闇に黄色いブランドを採用していないところにイタリア愛が感じられます。

ブレーキシステムはブレンボ製品。320mmフローティングディスクと4ピストンキャリパーの組み合わせです。

 

そして、この類のモーターサイクルに欠かせないスポークホイールは、これまたイタリアンブランド。JoNich Wheels製品であります。チューブレスタイヤ対応の特別に設計されたスポークホイールが足元を引き締めます。

 

マーニ「Italia 01/01」は非売品なのか?

ということで今回は、イタリアの小規模メーカー、マーニが発表した「Italia 01/01」をご紹介してみました。が……本車両が市販されるのか、あるいは単なるコンセプトモデルなのか、それが発表されていないのであります。

なので続報が入りましたら、追ってお伝えしたく思います!

マーニ社

公式サイト

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。