【インターモト2018情報】BMWモトラッド「R 1250 GS」は意外な注目モデルだった!

インターモトと言えば、地元であるBMWモトラッドが、例年、魅力的なニューモデルを発表していますよね?

 

2017年は少々地味でしたが……2016年には「R nineT Racer」を発表して、世界中から称賛されまくっていましたね。

 

インターモト2018の注目は「R 1250 GS」だ!

さて、インターモト2018のBMWモトラッドは、と申しますと……2017年に続いて、地味ではあります。

が、世界最高峰のアドベンチャースポーツ・モデルを大幅にモデルチェンジしていました。その内容が、案外、凄いのであります。

 

オフロードだけでなくオンロードも、そして都市部から牧歌的なワインディングロード、果ては砂漠地帯まで、そしてクイックな走りから快適なクルージングまで、世界中の公道から道なき道を走破できるアドベンチャースポーツ・モデルというコンセプトは勿論変わらず、その走破性を更にアップさせておりまっす!

 

新しくなった「R 1250 GS」は、3グレードが用意されます。スポークホイール+ブロックタイヤを装備することで足回りを引き締めつつ、ショートスクリーンを装備したスポーティな”HP”、専用ボディカラーとしてブラックに仕上げられた”Exclusive”、それに”Standard”というラインアップになります。

 

モデル名からもお分かりかと思いますが、今回のモデルチェンジ最大の注目ポイントは、排気量が50ccアップされ1,254ccとなった新エンジンの採用にあります。

 

面白いのは、新しいカムシャフト周辺。BMWモトラッドの市販車として初めて採用された”BMW ShiftCam Technology”=シフトカムにご注目ください。

排気側のカムシャフトには2つのカム山があるのがお分かり頂けましょう。良く見ると、カム山の高さが異なっており、バルブリフト量が違うわけです。エンジンの回転数・負荷に応じて、ヘッド内に設定したアクチュエーターを介して、最適なカム山を使い、高出力化・低燃費を実現する仕組みです。

その結果、最高出力は旧モデルの125HPから136HPへと大幅なパワーアップを果たしています。

 

「R 1250 RT」も登場した!

この新エンジンを搭載した「R 1200 RT」も新登場しておりまっす!

 

というワケで、バリバリのニューモデルの登場とはいきませんでしたが、やはり地元ではビシっとキメてくれたBMWモトラッド。

国内販売の情報など入りましたら、続報としてお伝えしましょう!

 

参考-BMWモトラッド(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。