fbpx

雨天ライドには準備が超重要!雨の日らくらくライディングマニュアル

雨天走行 ライディング バイク

バイクの魅力のひとつは、風を感じて颯爽と走れることです。しかしそれは裏を返せば、雨晒しにされる可能性だってあるということ。悪天候時のライディングは不快感に視界の悪さ、そして寒さ、スリップの恐怖など様々なリスクが満載です。

 

でも、それでも走りたいのがバイカーの性ってもの。安全かつ快適に走るにはどうしたらいいんでしょうか?

 

雨天ライドの最重要ポイント「装備を揃える」

雨でぐっしょりと濡れ肌に張り付いたシャツと靴下、それに手袋…想像しただけでも不快ですよね。寒さや蒸れによる精神的な疲れもグッとたまります。なので、まずは装備を揃えることが重要。下記のポイントをしっかりと守り、肌着を濡らさないようにしましょう。

 

レインコートは基本。質のいいものだとなおよし

雨天走行 レインコート

やはりレインコートは、雨の日バイカーの必需品です。下記の4点に気をつけて選ぶといいですよ。

 

  • バイク用ジャケットに重ね着できるようワンサイズ大きめに
  • ジッパーが止水加工されている
  • 長時間でも快適な蒸れ防止機能
  • 視認性をアップさせる派手な色や反射材付き

 

バイク用として販売されているレインコートはもちろん、登山用や釣り用のものでも可です。気に入ったものを探してみてください。質にもこだわると快適度がグッとアップしますよ。

 

手先の冷えはつらさに直結。手袋は防水のものを使おう

雨天走行 グローブ

風を受けやすい手もしっかりと対策しておきたいところ。風に雨まで加わったら、指先がかじかむほど冷えるなんてこともありえます。

そうならないように、防水グローブはぜひ用意しておきましょう。普段の手袋がとにかくお気に入りという方は、薄いインナータイプの防水手袋を利用することも手です。

 

靴も結構大切。防水ソックスでバイクを降りた後も快適に

雨天走行 ブーツ

濡れた靴を履いて歩いたときのぐっしょり感は、思い出すだけでも不快です。そこで、雨が侵入しないようバイク用のブーツや防水ソックスを履いておきましょう。降りた後も快適に過ごせます。

靴全体を覆う靴カバーもありますが、シフト操作でこすれて破れることもあります。使うのなら厚手で丈夫なものを用意してくださいね。

 

防水スプレーや曇り止めでダメ押し

さらに万全の状態にしたいなら、全ての持ち物に防水スプレーを振ることが有効です。一層水の侵入を防げて、安心感が増します。また、雨天時は湿気が高くヘルメットが曇りやすいので、曇り止めも塗っておきましょう。

 

雨天を乗り切るライディング指南

準備を整えたところで、次は実際に走るときの注意点です。晴れの日と異なる状況をしっかりと捉えて安全なライディングを心がけましょう。

 

コーナーで体を傾けすぎない

雨天走行 カーブ

やはり最も不安になるのはコーナーです。晴れの日ならスリルを味わう余裕があるかもしれませんが、雨の日はツルッとそのまま滑っていってしまう恐怖が少なからずあります。

実際のところは、適切な荷重移動ができていればそんな心配はあまりありませんが、慣れないうちは自分の体を傾けすぎないようにしましょう。体が立ってさえいれば、滑ってもなんとかバイカーだけはうまく逃げたりと、とっさの対処がしやすくなります。

 

最も避けたいのは怖くてガチガチに固まってしまうこと。普段より気持ち余裕をもって減速してからコーナーに進入するくらいでも十分なので、落ち着いて対処しましょう!

 

3つの「急」をしなくてもよいライディングを心がける

雨天走行 ブレーキ

さらに気をつけたいのが、「急発進・急ブレーキ・急ハンドル」の3つの急。晴れでも雨でも、バイクでコケるときは大抵この3つの急な操作をしたときばかりです。普段よりゆっくりとしたライディングを意識的に行いましょう。

 

路面の状態を常に意識

雨天走行 マンホール

また、濡れた白線やマンホールは思った以上に滑ります。事故の原因になることも少なくないので、できるだけ避けて走行しましょう。特にカーブ途中のマンホールは絶対に避けたい、バイクの大敵です。

一度、白線やマンホールがどれほど滑るのか自分の足で踏んでみてください。ツルツルと滑る感覚に驚くことでしょう。危険意識を醸成するのに役立ちますよ。

 

タンデムは精神的な消耗に注意

雨天走行 タンデム

タンデムの場合も基本は一緒です。運転者は「3つの急を避ける」「路面状態に注意する」など上に挙げたことを一層意識して運転すれば大丈夫。後ろに乗る人はバーを掴んだ手が滑らないように気をつけましょう。

運転手も同乗者も、精神的な疲労度は晴天時と比較してグッと高くなります。こまめに休憩を挟んだり雨宿りをしたりして、あまりに雨が強いのならツーリングを中止することも視野に入れたいところ。安全第一です。

 

快適装備を整えれば、雨でも楽しいライディングになる!

雨天走行 路面

寒さで体が硬くなったり不快感で気が散っていては、リラックスして適切なライディングができません。雨の日は必要な装備をしっかりと揃えて臨みましょう。

「備えあれば憂いなし」雨は雨でまた違ったバイクの面白さが見つかるかもしれません。これで君も365日バイカーだ!

じゃこ

元バイクメーカー勤務で現職エンジニアのバックパッカーです。国内外の旅行先でツーリングするのが好き。最低限の仕事をしながら旅していた世捨て人。