バイク好きなら必見!Shanghai Customsを徹底解説

バイク好きならメーカーの純正デザインだけでなく、自分好みにカスタマイズする人も多いのではないでしょうか?

もちろんバイクのカスタマイズは日本国内だけでなく、海外にもカスタマイズを専門にする企業もあるくらいです。

バイクのカスタマイズをしている企業の中にShanghai Customsというカスタムショップがありますが、手がけるカスタムが秀逸で注目度が急上昇しています。

そこで今回の記事では、カスタマイズ好きであればぜひ知っていただきたいShanghai Customsのことと、具体的なカスタム例をご紹介しますので、ご興味があればぜひ公式ホームページもチェックしてくださいね。

 

Shanghai Customsってどんなショップ?

上海の街並み

Shanghai Customsは文字どおり上海にショップを展開するカスタムショップです。

現状は日本国内にショップを構えていませんので利用する機会がなかなかありませんが、Shanghai Customsが手がけるカスタムは工業デザインと長期スパンでも使えるファッション性、そしてニッチなカスタム文化を融合させています。

 

噛み砕いてお伝えすると、「こんな機能があったらいいな」というマイナー機能の搭載と実用的な機能性をミックスさせて、かつかっこよくスマートに走行できるようにファッション性もあるカスタムを展開しているのです。

 

現行バイクだけでなく古いバイクもカスタム

パーツ

Shanghai Customsが特に注力をしているのがEV、いわゆるバイクの電動化があげられます。

たとえば、電動バイクはFUELL社がFlowという電動バイクを開発しており、販売まで実現しようと日々努められています。

電動バイクが開発されているからといってもまだまだ電動バイクは世間では馴染みがなく、また身近な乗り物ではないためいまいち現実味がありません。

しかし、Shanghai Customsは電動バイクの発展に尽力されている一方、従来のバイクに電動化パーツを組み込むことで古いバイクを再利用できるようにする活動をしています。

 

そして今後販売される電動バイクの性能やデザインが必ずしもあなた好みである可能性はそこまで高くなく、むしろデザインなどを残したまま今まで乗っていたバイクを電動化できることのほうがずっといいですよね。

 

Shanghai Customsはそんなライダーの夢と希望を叶えるカスタマイズをおこなっているのです。

 

どんなプロダクトがあるの?

工具

Shanghai Customsの商品はどのようなものがあるのでしょうか。

今回はShanghai Customsの商品の中でも代表的な電動バイクについてご紹介していきます。

 

ETRACKER

ヤマハSR400と似たようなミッドサイズオンロードトラッカーの電動バイク「ETRACKER」は2017年に発表されたプロトタイプ。ファットめなタイヤと、シルバー / ブラックの美しいコントラストがクラシックとモダンの懸け橋となっています。

 

カスタムチックにヘッドライトカバーをつけているのが可愛らしいですね。タンクに該当する部分は流動的な表面をしつつも宝石のカットのようなラインが何とも言えない「趣」を維持乱させています。

5kWのリアハブモーターとパナソニック製の7kWhリチウムイオン電池を積んでおり、航続距離は150~200㎞。最高速度は時速120㎞と平均的なスペックに収まっています。

 

eCUB(電動カブ)

eCUB、いわゆる電動カブはホンダのロングセラーバイクであるスーパーカブを電動化した電動バイクのことです。

実はホンダは以前にスーパーカブを電動化した電動カブを開発・販売すると記者会見で発表していたのですが、販売時期のめどであった2018年を過ぎても発表や販売がされておらず、実質延期されている状態です。

 

電動カブは多くの人から期待されていましたが、販売が延期されたことで大いにガッカリされたことはいうまでもありませんが、Shanghai Customsはホンダが電動カブを公式で販売する前に独自に電動化パーツを開発し、スーパーカブを電動化することに成功しました。

 

Shanghai Customsで電動化したカブは従来のカブトは打って変わって非常にモダンでシックなデザインに仕上がっており、カブ特有のクラシカルなデザインとは一線を画しています。

 

また、Shanghai Customsの電動化パーツを搭載したカブは、1,000Wのモーターを搭載することで250cc以上の排気量に相当する走行が可能になり、カブ好きにはたまらないバージョンアップといえるでしょう。

まとめ

Shanghai Customsはよくあるカスタムショップではなく、バイクの電動化に注力をしている今後が期待されるカスタムショップです。

現在は電動カブが有名ですが、今後はカブだけでなく様々な車体を電動化できるように活躍されることが期待されますね。

参考-写真ACShanghai Customs, Unsplash