コレがグッツィのツアラー!? Untitled Motorcyclesが制作したカフェレーサーが上品すぎる!

モトグッツィと言えば、現存するイタリアのモーターサイクルメーカーにあって最古の老舗でありまして、1960年代後半以降は大排気量モデル、とくにツアラーに特化したブランドとして知られています。

 

2019年発売予定!モトグッツィ「V85 TT」はデイリーライドも可能なのだ!

純正アクセサリーのみで製作!モトグッツィ「V9 ボバー オープンハウス」は誰でも簡単に真似できる!

近年は、そんなツアラー一本鎗のイメージから脱却すべく、アドベンチャースポーツ・スタイルのデュアルパーパスモデルやボバーなんかも販売していたりもします。

今回は、そんなモトグッツィのツアラーをベースにした美しいカフェレーサーをご紹介してみます。

 

70年代のツアラーがベースのカフェレーサー!

それがコチラ!イギリス&アメリカに本拠地を置く”Untitled Motorcycles”が制作したカスタムバイク、「Supernaturale」です。しかも…… ベースとされたのは1975年式のツアラー「850 T」。当時から空冷縦置Vツインエンジンのみで勝負していたモトグッツィですが「850 T」は、いわゆるスポーツツアラー的な位置付けでした。

 

パワートレインは完全オーバーホール&アップグレード!

一気に本題に入りたいところですが…… まずは、その実直かつ丁寧な作業を軽く触れておきます。エンジンは外観の仕上げはご覧の通りなのですが、中身もフルOH済。メインベアリング、コンロッド、コンロッドベアリングは新品へ。クランクシャフトは研磨したうえでバランス取りを実施、シリンダーにはニカジルメッキ加工といった具合です。

 

クラッチプレートは強化品にアップグレード、フライホイールは軽量化しています。

キャブレターはDellorto PHF-36をチョイス。キャップはCNCで自作。トランペットとメッシュはMalossi製品を合わせています。インテークマニホールドはUntitled Motorcyclesの独自デザイン品。もちろん自作削り出しです。

 

ガソリンタンクは名車「LeMans」がモチーフ!

コダワリのポイントとして挙げておきたいのがガソリンタンク。この形状からファンの方なら想像できると思いますが…… モチーフとしたのは、モトグッツィの名車「ルマン」であります。アルミニウム製であり、もちろんハンドメイドです。タンクバッヂはレーザーカットにより切り出したもので、ゴールドアルマイト処理をしています。

フューエルキャップはビンテージ物のEnots製品をチョイス。フューエルタップはPaioli製のビンテージスタイル。ディテールに凝りに凝っているのであります。

 

現代の機能パーツを搭載!

フレームは、「V7 Sport」から採用された、いわゆるトンティフレーム=オリジナルをベースに、シートレールやリアフープなどはUntitled Motorcyclesの手により細部をカスタマイズしています。

 

オーリンズ製ステアリングダンパーを装備していたり、ショーワ製の倒立タイプ53mmフロントフォーク(これまたアノダイズ施行済)を、装備していたりと、機能パーツには現代的な要素もシッカリと取り入れています。

 

コンテストでも高評価!

ということで今回は、Untitled Motorcyclesが制作したカフェレーサーをご紹介しました。

ハンドル周りや足回りなど、まだまだ書き足りないほど、車両全体に渡って丁寧に作られている本車両、今年アメリカで開催されたQuail Motorsport Gathering 2019にて、Design & Style Awardを受賞しています。この仕上がりならば納得。素敵なカフェレーサーです!

Untitled Motorcycles

SAN FRANCISCO, CA 94124, USA

415-713-5778

公式ホームページ