どこまで洗っちゃっていいの?意外と濡らしてもOK / ダメなパーツまとめ!

できれば愛車はいつまでもピカピカにしたいところですが、「水をかけると壊れる?」「エンジンがかからなくなったらどうしよう」など、バイクの部品は精密品が多く、正直どこまで洗って良いのかわからない人も多いのではないでしょうか?

 

そこで、意外と知られていない水に濡らしてもいいバイクの部品や、洗車のポイントについてご紹介します!

 

洗車後はしっかり水気を取れば問題ない

基本的にバイクは雨の日でも問題なく走行することができるため、洗車の時は水をジャブシャブかけても大丈夫でしょう。ただし、水をかけるにはコツがあります。雨は当然上から降ってくるのに加え、バイクは前にしか進みません。そのため水をかけるときは上方向、もしくはバイクの前方からかけるようにしましょう。

また、エンジン内部に空気を送り込むエアダクトと排気ガスが出るサイレンサーの出口はガムテープでふたをして、内部に水が入らないようにしておきましょう。

 

洗車後は吸水スポンジやエアーガンを使い、水気を丁寧に落としましょう。水気が残ると水垢が残るだけでなく、部品のサビにつながりバイクの寿命が縮まってしまいます。

そのため、洗車の時は水をかけても良いものの、洗車後の水はきちんと落とすようにしましょう。

 

海外のレーシングチームは水でジャブジャブ洗う

海外の耐久レースを戦っているレーシングチームのバイクも、走行後に一度水をぶっかけてジャブジャブと丸洗いしています。長時間走ったバイクはカウルからホイールまで全体的に汚れているため、この方が手っ取り早いようですね。

 

豪快と言えば言い返せませんが、レーサーバイクに水をかけても問題ないということは、市販車でも全く問題ないということにもなりますね!

 

ヤバそうで実は濡らしても大丈夫な部品

バイクの部品で「濡らしても大丈夫なの?」と思う部品もあるでしょう。そこで、一見やばそうに見えても実は大丈夫な部品についてご紹介します!

 

エンジン

エンジンは精密部品のかたまりのため、水に濡らしてはいけないイメージがあるかと思いますが、エンジンはきっちりとカバーで密閉されているため、内部に水が入ることはありません。

エンジン上部についているキャブレターも水に濡れると問題あるかと思いますが、基本的にこちらもしっかり防水加工されていますので、エアーの吸い込み口に水が入らなければ問題ありません。

 

また、エアーの供給口は市販車であればエアクリーナーボックスに守られているため、内部に水が入ることはほとんどありませんので、気にしなくても大丈夫です!

 

チェーン

バイクのシェーンのほとんどは「シールチェーン」と呼ばれ、リンク部にゴミや水が入らないよいうに加工されていますので、水で洗っても問題ありません。

 

MOTUL(モチュール) C2 Chain Lube Road 150ml オンロードバイク用強力粘着・スプレータイプの粘着性チェーンオイル(無色) [正規品]16406421

ただし、チェーン自体は錆びやすい金属でできているため、清掃後は念入りに水気を飛ばすようにしましょう。また、水気を飛ばしてからチェーングリスを塗ることも忘れずにしましょう。

 

ブレーキ

ブレーキのディスクに水が付いてもブレーキの効力が落ちることはありませんので、ブレーキ周りも遠慮なく水をかけることができます。

ただし、チェーン同様ブレーキディスクも非常に錆びやすいため水気はしっかり取りましょう。洗車後に水気を飛ばすためにひとっ走りしても良いですね!

 

洗車後に注油するのも忘れずに

洗車後に水気を飛ばすのはもちろん、その後必要であれば駆動部に注油するのも忘れずにしましょう。

例えばブレーキやクラッチレバーといったレバー関係の作動部はグリスアップされていることが多く、そこに水が入るとグリスが劣化することがあります。

 

デイトナ(DAYTONA) 万能グリス 80g 20804

そのため、一旦古いグリスを取り除き、新しいグリスを塗り、動きが悪くなっていないか確認してきましょう。

 

まとめ

バイクの部品は一見水に濡らすとすぐに壊れてしまうイメージがあるかもしれませんが、バイクは雨でも問題なく走ることができるため、水をかけても問題ありあません。

 

その代わり、洗車後はしっかりと水気を飛ばし、水分による錆や腐食を防止しなければいけません。また、洗車後は、駆動部分のグリスアップも忘れずに行うことで、いつまでもピカピカでコンディションが良い状態を保つことができます!

 

愛車を洗車し、いつまでもピカピカにしておきたいですね!

 

画像参考-Unsplash