大型クロスオーバーモデル「X-ADV」をフルモデルチェンジし発売

ホンダが、タフなイメージの大型アドベンチャーモデル「X-ADV(エックスエーディーブイ)」をフルモデルチェンジ。新型「X-ADV」は2021年3月25日(木)よりHonda Dreamにて発売します。

2016年に欧州で発表され、日本では2017年春から発売された大型アドベンチャーモデル「X-ADV」。

パンチの効いたスポーティーな走りと、収納性に優れたラゲッジボックスなどの利便性、そして何より個性的なデザインが注目を集めました。今回のフルモデルチェンジでは、「スマート&エキサイティング ADVENTURE URBAN TRANSPORTER」を開発コンセプトとし、動力性能と利便性がさらにアップしています。

 

新型X-ADVの主な特徴

パワーユニットが大幅に改良!

ピストン裏面の肉抜きや、クランクシャフトのカウンターウェイト重量の最適化、バランサー軸径の見直しなどにより、エンジン単体重量で1.4kgの軽量化を実現しています。また、エアクリーナーは、ダクト断面積を拡大しダクト内の吸気抵抗を低減させるとともに、クリーンサイドの容積比率を拡大することで、出力向上と全回転域でのスロットルリニアリティーを向上。さらに、エアクリーナーカバー内部のダクト出口付近にスロープと整流板を配置し、吸入効率を向上するとともに、スロットルボア径を36mmから38mmへ拡大することで最高出力の向上と力強いエンジンフィールを実現しています。

エキゾーストチャンバーは、形状を最適化し排気の整流効果を向上させるとともに、高効率貴金属触媒を採用することでキャタライザーを小型化。令和2年排出ガス規制に対応させながら、出力向上と軽量化を実現しています。ギアレシオは、4~6速ギアを最適化したことにより、加速フィーリングと燃費の向上に寄与しています。

 

フレームの軽量化とラゲッジスペースは拡大!

スチール製パイプの構成を変更した新設計のダイヤモンド形式のフレームを採用。また、各部の板厚を最適化することにより、フレーム単体で約1kgの軽量化を実現。向上したエンジン出力に対応させつつ、より一層軽快な運動性能を獲得しています。さらに、ラゲッジスペース容量は、フレーム形状を見直すことで22Lに拡大。ラゲッジスペース内には荷物の確認に便利なラゲッジライトとUSBソケットを標準装備することで日常での使い勝手をさらに向上させています。

 

意外と重要!足つき性アップ!

ライディングポジションは、加減速を多用するシチュエーションでの操りやすさからフラットダートでの車体の取り回しやすさを想定し設定。また、シート前部の幅をスリム化することで足着き性の向上を図っています。

多彩なライディングモード

ライダーのスロットル操作を電気信号に変換し、スロットルバルブの開度制御を行うスロットルバイワイヤシステム(TBW)を新たに採用。さらに、エンジン出力、Hondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)、エンジンブレーキ、ATモード選択時のシフトスケジュールの各制御レベルを組み合わせることで、さまざまなシーンでライダーが好みの走行フィーリングを任意に選択できるライディングモードが搭載されています。

 

スマホとBluetooth接続!

Honda Smartphone Voice Control system(HSVCS)を新たに採用。車両とスマートフォンをBluetooth®で接続し、音声入力に対応したヘッドセットからの音声ガイダンスに沿ってハンドル左手のスイッチを操作することで、ハンドルグリップから手を離さずに音楽再生や通話などの操作を可能とし、利便性を向上させました。

 

電装系も充実装備

ヘッドライトにデイタイムランニングライトを採用。日中は、ハイビームとロービームとの中間にある導光部が強く発光し、車両の存在感を強調。夜間は車両が外部の明るさを検知し自動的にロービームへ切り替える機能が装備されています。

液晶メーターは、視認性の高い5インチTFTフルカラー液晶を採用。速度計、回転計、燃料計など、ライダーの好みによって4パターンのグラフィックに変更可能となっており、豊富な情報を直感的にライダーが把握できるよう配慮されています。

別売りのオプションですが、「トップボックス50L スマートキーシステムタイプ」という装備が新たに設定されました。これは、Honda SMART Key システムと連動させることで、トップボックスの解錠が可能になる機能。利便性向上のための嬉しい機能と言えます。

 

スタイリング・カラーバリエーション

スタイリングは、ボディーパーツ構成を一新し、主体色パーツを従来よりも車体上側および前方に寄せることで、凝縮感を保ちながら一層の軽快感とダイナミックさを表現。エッジの効いた面構成のデザインとなっています。

カラーバリエーションは、ワイルドさと都会的なイメージを兼ね備えたパールディープマッドグレーと、精悍で力強い印象のグラファイトブラックの2色展開。

パールディープマッドグレー

グラファイトブラック

 

X-ADVの主要諸元

全長×全幅×全高:2,200×940×1,340mm
軸距:1,580mm
最低地上高:135mm
シート高:790mm
車両重量:236kg
最小回転半径:2.8m
エンジン型式:水冷 4ストローク OHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量:745cc
最高出力:43kW[58PS]/6,750rpm
最大トルク:69N・m[7.0kgf・m]/4,750rpm
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:13L
変速機形式:電子式6段変速(DCT)
タイヤ:前120/70R17M/C 58H・後160/60R15M/C 67H
価格:132万円(税込)
発売日:2021年3月25日(木)

本田技研工業株式会社

公式サイト

forRide編集部

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!