ローランドサンズがYAMAHAの名作2スト「RD400」をカスタムするとこうなる!

アメリカのカスタムパーツメーカー「パフォーマンス・マシン(通称:PM)」創業者の息子としてこの世に生を受けた、カスタムパーツ界のサラブレット、ローランド・サンズ氏。彼が率いる、これまたカスタムパーツメーカーであり、バイクをトータルでデザインする会社「ローランド・サンズ・デザイン(通称:RSD)」。

そんなRSDが、ヤマハの名作2ストロークバイク「RD400」のエンジンをベースに、カスタムマシンを製作しましたのでご紹介いたします。

名づけて2ストローク攻撃!?

ローランドサンズがYAMAHAの名作2スト「RD400」をカスタムするとこうなる!

1974年式RD400のエンジンを搭載するフレームは1997年式「TZ250 GP」のモノをチョイス。

また、PM製マグネシウムホイール、オーリンズ製正立フロントフォーク、ダンロップ製スリックタイヤが装備された、本気のレースモデルに仕上がっています。何より無数にドリルド加工が施されている点が実にレーシーです。

ローランドサンズがYAMAHAの名作2スト「RD400」をカスタムするとこうなる!

もちろん内燃機はローランドサンズの名チューナー Ed Erlenbacher氏によって、抜かりなくセッティング済み!

ローランドサンズがYAMAHAの名作2スト「RD400」をカスタムするとこうなる!

ペイントにはピンストライプ&シルバーリーフで「2ストローク攻撃」と日本語で描かれています。

なんだかバトルスーツを着たライダーを連想させます…。

ローランドサンズがYAMAHAの名作2スト「RD400」をカスタムするとこうなる!

このペイントは、英語名で「2 Stroke Attack」と名づけられたことに由来しています。

この真鍮製の鋳物カバーですが、チョッパー・デイブ製のポイントカバーに似ていると思うのは筆者だけでしょうか。

ローランドサンズがYAMAHAの名作2スト「RD400」をカスタムするとこうなる!

車両全体のイメージをより攻撃的なものにしているのが、こちらのロケットカウル。ペイトンプレイス製ロケットカウルのようなスタイリッシュなラインが魅力。

ベース車両はこちら

ローランドサンズがYAMAHAの名作2スト「RD400」をカスタムするとこうなる!

<RD400のスペック>

エンジン形式:空冷2ストローク並列2気筒

排気量:398cc

最高出力:40ps(29.0kw)/8,000rpm

最大トルク:3.8kg・m(37.3N・m)/7,500rpm

車両重量:153kg

いかがだったでしょうか。

RSDといえばやはりVツインを得意とするパーツメーカーとして有名ですが、意外にも2ストロークにおいても、その類稀なるセンスを遺憾なく発揮しています。

今後も精力的に2ストロークマシンのカスタムに着手し、2ストブームが再加熱してもらいたいものです。

【関連記事】

ヴィクトリーとローランドサンズのコラボマシン!

BORN FREEに行きたいけど行けなかったチョッパーファン必見!RSDがイベント動画を公開!!

台湾のROUGH CRAFTSが製作したスタイリッシュなハーレー「XR1200」

歴代ハーレーエンジンのサウンドを聞き比べてみた!

誰もマネできない!全長5m×全高3mを超えるモンスタートラック風のハーレー!

画像 – YAMAHA : RD400

参考 – Roland Sands Design

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。