【悲報】ヤマハ「XJR1300」も生産終了……新車は店頭在庫のみ(涙)

美しい空冷4気筒エンジンを搭載するヤマハ・ネイキッドの最高峰モデル「XJR1300」が、生産中止となってしまいました。

先日は「VMAX」の生産終了をお伝えしたのですが……

【悲報】ヤマハ「VMAX」が残り120台で生産中止……新車が欲しい人は最後のチャンス!

それに続く悲しいお知らせとなってしまいました。

ヤマハ「XJR1300」

誰もが自在にマシンを操る悦びと爽快感を堪能できるのがヤマハ「XJR1300」。総排気量1,250ccの空冷直列4気筒エンジンを高張力鋼管パイプのダブルクレードルフレームに搭載。コンベンショナルなツインリアショックを装備するネイキッドモデルです。


日本メーカー製モーターサイクルの典型と言えるこの構成に、“空冷エンジン”というコダワリが存在します。ヤマハは、モーターサイクルのエンジンを単なるパワーユニットではなく、スタイリングを構成する大切な要素の一つと捉えているのです。


空冷エンジンだけが持つ、整然と密に並んだ一枚一枚のフィンの美しさ。大排気量4気筒の量感を主張するシリンダーヘッドの逞しさ。そして優美な曲線を描くエキゾーストパイプが融合して、「XJR1300」の美は完結します。

ヤマハ「XJR1300」のディテール

空冷ならではの機能美を主張するエンジンは、吸気効率の最適化と4-2-1エキゾーストシステムにより、最大トルクを6,000rpmで発生。低速域からの幅広いトルク特性と中低速域でのパワーを獲得。

力強い吹け上がりとリニアなレスポンス、そして極太トルクを生かした豪快な加速。そして4バルブの利点を生かして、高回転域までストレスなく伸びる滑らかな回転特性も実現しています。

優れたドライバビリティと環境性能を実現するため、サブスロットルバルブ併用フューエルインジェクションを搭載。インジェクターは、プレート型のロングノズル・高ダイナミックレンジ型。エンジン回転数・スロットル開度などの情報をECU経由で反映させ、最適な燃料噴射を行います。

より的確な燃料噴射のため、インジェクターをできる限り燃焼室に近づけ、各バルブに向けた角度でインテークマニホールドにマウント。スロットルバルブは、メインのバルブに加えてモーター駆動によりサブスロットルバルブが作動します。

シリンダー内面にセラミック系のコンポジットメッキを施すことで高回転時にも優れた放熱性を発揮、フリクションロスを低減し、高性能化に貢献しています。メカニカルなシリンダーフィンや左右に張り出したヘッドフィン、6段コアの大型オイルクーラーとともに優れた冷却効果を発揮し、安定したエンジン性能を確保しています。

専用セッティングを施したオーリンズ製2本式リアサスペンションを装備。ワイドレンジ・コンプレッションアジャスターを装着し、20通りの圧側減衰調整が可能。伸側調整ダイヤルも装備しています。さらに内径49mm・大容量のリザーバータンクはフリーピストンの作動量を減少させ、ストロークに対するガス圧変化を最小限にとどめることで、高い応答性と温度の変化に影響されにくい機構となっています。

カーボン樹脂のプリロード調整シングルナットは、専用の車載工具により、きめ細かなセッティングが可能。ライダーの好みに合わせた設定により、優れたハンドリングと乗り心地を実現します。アルミ製シリンダーや高弾性ラバーブッシュ装着などにより、サスペンション本体の性能向上とともに、市街地・ワインディング・高速道路などさまざまな状況下で、良好な車両バランスを確保しています。

インナーチューブ径43mmの大径フロントフォークは、伸側・圧側ともに調整可能なフルアジャストタイプ。減衰力特性を最適化することでスポーティな走行性を実現するとともに、しなやかな吸収性による車体の安定性がシャープな切り返しや倒し込み、ブレーキング時の良好な車体バランスに貢献します。

フロントブレーキは、軽量・高剛性なモノブロック構造。ボディにブラックアルマイトを施した異径対向4ポットキャリパーを装着しています。制動力や耐摩耗性に優れた焼結パッドは、フローティング・ディスクローターの小径化にも貢献。シャープなコントロール性を実現し、スポーティな走りに貢献。

リアブレーキには、軽量・高剛性なモノブロック構造の対向2ポッドキャリパーを装備しています。焼結パッドにより良好なブレーキフィーリングと耐摩耗性に配慮。さらに軽量化のため、肉抜きタイプ・キャリパーマウントボルトなどを装着。キャリパーは、パッドとピストンをオフセットすることでパッド面圧を均一にし、引きずりを最小限にとどめ駆動系のフリクション低減に寄与しています。

ヤマハ「XJR1300」のカラーは2色

現行モデルのカラーラインアップは、ここまでに掲載した”シルバーメタリック1(シルバー)”と、この”ブラックメタリックX(ブラック)”の2色です。

ヤマハ「XJR1300」は店頭在庫のみ!

冒頭に記しました通り、「XJR1300」の生産は既に終了しており、購入できる新車は店頭在庫のみとのこと……最後のチャンスですので、迷っている暇はありません。欲しい方は今すぐ、ヤマハ正規販売店にお急ぎください!

車両本体価格(消費税込)は111万2,400円です。

最後、この美しい「XJR1300」の後継車両が登場することを願いつつ、スペックを掲載しておきます。

ヤマハ「XJR1300」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,175×765×1,115mm
  • ホイールベース:1,500mm
  • シート高:795mm
  • 車両重量:245kg
  • エンジン種類 / 弁方式:空冷4ストローク直列4気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:1,250cc
  • 内径×行程:79.0×63.8mm
  • 圧縮比:9.7
  • 最高出力:74kW(100PS)/ 8,000rpm
  • 最大トルク:108N・m(11.0kgf・m)/ 6,000rpm

参考-ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。