超絶スペック!ドゥカティ「Superleggera 1299」は世界限定500台の超ハイスペックモデル!

以前より噂されていた「Superleggera」のモデルチェンジですが、やはり発表されました!

そこで今回は、超絶スペックを引っさげて公式発表されました「Superleggera 1299」について紹介しましょう。

Superleggera 1299

遂に正式発表された「Superleggera」、その超絶スペックは目を疑うほどです!

最高出力215hp(158.1 kW)に対して、車両重量(装備)167kg…このモンスターを操ることが出来るライダーは、世界にもそんなに沢山いないと思われます。

※カワサキ「H2」は車両重量237kgに対して最高出力200ps

骨格がカーボンで構成されている!

一見して、マスの集中化が図られていることがわかる車体なのですが、良く見ると……、

カーボン製フレームの採用に始まり、

ドゥカティのお家芸ともいえる片持ちスイングアームも、もちろんカーボン製。

となれば、前後ホイールもカーボン製です。フェアリング類がカーボン製なのは言うまでもありません。

わずか167kg(装備重量)というありえない軽量化は、こうした各部の妥協を許さぬ造り込みにより実現しています。

倒立タイプのフロントフォークはオーリンズ製”FL936″。「パニガーレR」用と比較して1.35kg 軽量化されています。となれば、リアサスペンションも勿論オーリンズ製”TTX36″で決まりでしょう! ブレーキはブレンボ製の”330mmディスク”に”M50モノブロックキャリパー”という組合わせ。パッドには”TT29OP1″という新タイプが採用されています。

あらゆる高機能パーツが、市販最高峰の製品群で構成されていると断言しておきましょう。

そしてエンジンも…

1,299ccの排気量から215hpという高出力を発揮する、ドゥカティ最高峰の「Superquadro」エンジン。スペックは後で記しますが……、

一切の無駄肉を持たないエンジンパーツをご覧いただけば、その凄まじさはご理解いただけると思います。

世界限定500台の超ハイスペックモデル

この「Superleggera 1299」、どう考えても一般のライダーが乗りこなせるワケはありません。世界限定500台、WSBKの超ハイスペックモデルとして販売されます。

お値段は、7万2,000ユーロ(約830万円)となっております。このモンスターを乗りこなす腕と財力を併せ持つ限られたライダーにとっては、たまらない一台に違いありません。

Superleggera 1299のスペック

  • 全長×全幅×全高:未公表
  • ホイールベース:1,456mm
  • シート高:830mm
  • 車両重量:167kg(装備重量)、156kg(乾燥重量)
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストロークL型2気筒”Superquadro” / デスモドロミック4バルブ
  • 総排気量:1,285cc
  • 内径×行程: 116.0×60.8mm
  • 圧縮比: 13.0
  • 最高出力:158.1 kW(215 hp)/ 11,000 rpm
  • 最大トルク:146.5 Nm(108,0 lb-ft)/ 9,000 rpm

参考 – 1299 Superleggera
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。