意外とコンパクト!トライアンフ・ボンネビルのエンジンを2基搭載したマシン

米国カリフォルニアはハンティントンビーチのガレージビルダー、Nick DiBenedetto氏が作り上げたのは、トライアンフ・ボンエビルのエンジンを2基搭載した、スペシャル・ボンネビルだ。

1500ccのボンネビル

トライアンフ・ボンネビルのエンジンは2基搭載しても美しい

なんとこちらの車両は、1964年式のトライアンフ「ボンネビル」のエンジンを2基搭載しており、排気量は750cc+750ccで1500cc、120馬力を誇る。言うなれば、”バーチカルツイン・ツイン”の魔改造である。

トライアンフ・ボンネビルのエンジンは2基搭載しても美しい

2基のプライマリーカバーが”ぬるり”と繋がっている。この違和感の無い仕上がりは、かなりこだわって製作されたと思われる。

トライアンフ・ボンネビルのエンジンは2基搭載しても美しい

ノーマルフレームを延長しエンジンを搭載しているため、ダウンチューブが一度前に出た後に、ノーマルのフレームラインに結合されている。しかし、少々フレーム剛性が心配だ。

それではボンネビルエンジン2基から吐き出される図太いエキゾーストサウンドを、是非動画でご確認いただきたい。

いかがだっただろうか。

ボンネビルのヴァーチカルツインエンジンは非常にコンパクトなため、2基搭載してもあまり違和感を感じさせない。

内燃機やミッションなどの構造が非常に気になるので、是非製作工程も公開していただきたいものである。

【関連記事】

映画「ジュラシック・ワールド」で使われたトライアンフ・スクランブラーがオークションに

トライアンフがユニクロとTシャツでコラボレーション

ヴィンテージ・トライアンフ界隈を牽引するバックヤード・ヒーロー

トライアンフ「Rocket X」がデビュー10周年記念限定車の発売を開始

バイクの「Triumph」と下着の「Trimph」は関係あるのか?

参考 – Youtube : 1500cc 120hp Triumph Bonneville Has Twin Engines

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。