インテリアの作り込みも秀逸!レクサスの新型フラッグシップクーペ「LC500」が世界初披露

レクサスは、米国・デトロイトで1月11日より開催された2016年デトロイトモーターショーにおいて、新型ラグジュアリークーペ「LC500」を世界初披露した。

「LC500」は「LF-LC」がベースとして誕生した

「LC500」は、2012年デトロイトモーターショーに出展されたデザインスタディモデル「LF-LC」がベースとなっている。FRプラットフォームを新開発し、低重心かつ前後重量配分をつくり込み、フロントミッドシップのレイアウト採用。V型8気筒5.0Lエンジンに、レクサスとしては初の試みとなる新開発の10速オートマチックトランスミッションを採用している。

スピンドルグリルを中心にワイド感を強調したエクステリアデザインだ

フロントにはスピンドルグリルを中央に、小型3連LEDヘッドランプユニットと、L字型に発光するLEDクリアランスランプを配置。リヤはテールランプ外側から縦下方向に伸びたターンシグナルランプや、マフラーディフューザーの左右下端の配置と合わせ、低重心かつワイド感を強調している。

ドライビングプレジャーと快適性が融合したインテリア

コックピットはペダル配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、走り込みに基づいたレイアウトを実現。ステアリングホイールは、握る位置に合わせて変化、手に馴染むよう配慮されている。操作系には次世代マルチメディアを採用。パドルシフトにはマグネシウム素材を使用。助手席は車両前方へ視覚的に広がりを感じさせる開放的な空間づくりを目指した。

レザーやアルカンターラを採用した高品質な空間は、乗る人に高級感を感じさせることだろう。

「LC500」はレクサスブランドに変革をもたらす挑戦

「LC500」はコンセプトカー「LF-LC」のスタイルをさほど崩す事なく継承しつつ、市販化にまで辿り着いたエクステリアを持つ希有な例である。また、新開発10速オートマチックトランスミッションを同ブランドとして初めて採用するなど、挑戦的な姿勢も伺える新型車でもある。

今後のレクサスを導くフラッグシップクーペが、どういった反応を市場へともたらすのか。なお、「LC500」の日本での発売は、2017年春頃を予定しているという。動画も公開されているので、併せて堪能していただきたい。

LC500 SPEC (北米仕様)

全長×全幅×全高: 4,760×1,920×1,345mm

ホイールベース: 2,870mm

トレッド(F/R): F-1,630mm、R-1,638mm

タイヤ(F/R): F-245/40RF21、R-275/35RF21

ホイール(F/R): F-245/45RF20 、R-275/40RF20

参考 – LEXUS、Youtube : https://youtu.be/JSfwxOdHO682017 Lexus LC 500 Trailer – Drive, Exterior and Interior

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。