これぞ職人技!マクラーレンがジュネーブに「P1」などフルビジュアルカーボンを採用したカスタムを出展

マクラーレンと言えば、イギリスの名門F1レーシングチーム。今季もホンダと組んでF1を走る予定だが、そのマクラーレンが市販車も作っていることを知っているだろうか?レースファンなら周知の事実だけど、マクラーレン・オートモーティブという市販車部門があり、公道も走れる高性能カーを生産しているのだ。

そんなマクラーレンが、スイスで2016年3月1日〜13日に開催される「ジュネーブモーターショー2016」に、まさに職人技!とも言える美しいカーボンに身を纏ったクルマを2台展示する。

「マクラーレンP1」はフルビジュアルカーボン仕様

th_6205McLaren-P1-by-MSO_01

同社のカスタマイズ部門、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズが製作した特別仕様2台のうち、まず「P1」。

th_6207McLaren-P1-by-MSO_03

375台が作られ、すでに生産が終了している「ロードゴーイングレーサー」に、”フルビジュアルカーボン”を使ったボディをあしらった仕様が展示される。

th_6206McLaren-P1-by-MSO_02

これは、カーボンファイバーの独特の柄が見える美しい仕上がりが特徴。ジュネーブ仕様P1では、このフィニッシュが施されたカーボンを、ボディ全面に使用する。製作はすべて手作業、まさに職人技の逸品と言えるクルマなのだ。

th_6212McLaren-P1-by-MSO_08

ホイールはグロスブラック仕上げ。

th_6209McLaren-P1-by-MSO_05

ブラックのアルカンターラに、ブルーステッチを組み合わせたインテリアは高級感も満点。マフラーのヒートシールドは24金製にするなど、各部にこだわりが入ったワンオフマシンだ。

「675LTスパイダー」にはカーボン製ハードトップも!

th_6196675LT-Spider-by-MSO_01

一方、昨年12月に500台限定で発売され、すでに完売となった「675LTスパイダー」もカスタムされて登場。

th_6200675LT-Spider-by-MSO_05

セラミックグレーのボディカラーに、カーボンファイバー製の格納式ハードトップやトノカバーを装備する。

th_6198675LT-Spider-by-MSO_03

フロントバンパーのエンド部やサイドスカート、サイドインテークやリヤバンパーなどには、「P1」同様に”フルビジュアルカーボン”も採用。美しいカーボン柄を楽しめる。

th_6201675LT-Spider-by-MSO_06

インテリアには、こちらもブラックのアルカンターラを貼ったシートを採用。マフラーには、やはり24金製ヒートシールドを装備している。

職人技が光る2台。是非とも現物が拝みたいものだ。

参考 – MSO PAYS CARBON FIBRE TRIBUTE TO McLAREN P1™ AND WELCOMES 675LT SPIDER AT 2016 GENEVA MOTOR SHOW(McLaren)

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。