実現できるの?水素燃料電池のピニンファリーナ「 H2スピード」が世界限定10台で販売

ジュネーブ・モーターショーと言えば、多くの自動車メーカーが自由奔放なコンセプトカーを発表することでも知られています。コンセプトこそが重要なので、その多くは走ることすら考えられていません。時折現れる突飛なコンセプトカーの多くは、そういった走れないクルマなんですね。

今年のジュネーブ・モーターショーに出展された水素燃料電池で走るレーシングカー、ピニンファリーナ「H2スピード」も、そんなクルマの一台であると思われていました。しかし、それは間違いだったかもしれません。

ピニンファリーナ H2スピード

pininfarina-h2-speed-race-car-concept-03-668x472

Pininfarina-H2-Speed-0

ピニンファリーナはイタリアにある小さなカロッツェリアです。当然、水素燃料電池で走るレーシングカーなどといった荒唐無稽な車両を現実に造るなど、コストの面から見ても不可能だと誰もが思っていました。しかし、この「H2スピード」が市販化されるという話が、にわかに現実味を帯びてきました。

10台限定生産!?

pininfarina-h2-speed-race-car-concept-10-668x376

pininfarina-h2-speed-race-car-concept-12-668x376

ピニンファリーナの親会社は、インドの自動車メーカー「マヒンドラ&マヒンドラ(以下M&M)」になります。です。このM&Mが、「H2スピード」を10台限定生産することを承認したというのです。

最高出力500馬力、最高速度は300km/h

Pininfarina-H2-Speed-2

Pininfarina-H2-Speed-3

今回、限定販売されるという車両は、FIA認証のLMP2レースカーのシャーシに、GreenGT社と共同開発した水素燃料電池と最高出力500ps以上を発揮する電気モーターを2基搭載するといいます。

このパワートレインにより、0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は300km/hに達するというハイパフォーマンスを誇ります。

H2スピードのスペック

  • パワートレイン:モーター×2
  • 最高出力:503ps/13,000rpm
  • 0-100km/h加速:3.4秒
  • 最高速:300km/h
  • 車重:1,420kg
  • シャーシ:カーボンファイバー製
  • 前後サスペンション:プッシュロッド式
  • トルクベクタリングシステム搭載

価格は250万ドル!

pininfarina-h2-speed-race-car-concept-13-668x375

Pininfarina-H2-Speed-4

さて、気になる価格ですが、「H2スピード」は250万ドル(日本円にして約2億6千万円ほど)になりそうだということです。水素燃料電池に加えて、ハイパフォーマンスなレース専用車両ですから、まぁ、お安く済むわけはないですよね。

それでは動画もご覧下さい。

いかがだったでしょうか。夢の燃料水素電池搭載のレーシングカー…まさに近未来、これに極まりといった感がありますよね。今度は実車での走行シーンが見たいものです。

参考 – Youtube : PININFARINA H2 SPEED – YouTubepininfarina-h2-speed-race-car-concept-15

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。