140台生産したのに1台も販売しないシェルビー「GT-H」とは?【ニューヨーク国際オートショー16】

フォードからちょっと変わったマスタングが初お披露目されました。その名も「シェルビー GT-H」。パッと見、フォード・マスタングをベースにシェルビー社がゴールドストライプと「GT-H」のエンブレム、専用のラジエターキャップでドレスアップした1台のようですが、果たしていかなるものか?

140台生産したのに販売は無し!?

Shelby350GT-H-1

フォード、シェルビー社は、このGT-Hを140台生産するとアナウンスしていますが、なんと!その140台は1台も販売されることはありません。例えどんなお金を積んでもです。このGT-HのHは、HertzのH、世界大手のレンタカー会社Hertz社を利用する顧客の為に用意されたレンタル専用のマスタングなのです。

ハーツ社とシェルビー社のお付き合いは今年で50年目!

SAI_3752-lo.0

1966年、シェルビー社はハーツ社に「Rent-A-Racer」プログラムの一環として1,001台のシェルビーGT350-Hを提供したことから現在に至るまで続いている歴史あるコラボレーションなのです。アメリカを訪れた旅行者に滞在中の移動もアメリカを肌で感じて欲しいということでスタートしています。

今回、その50周年を祝い提供された140台のGT-Hは、エンジンにフォード・パフォーマンス製のキャットバックエキゾーストが装着されており、素晴らしいV8サウンドを奏でます。また、足回りもこのGT-Hのために特別設定されたローダウン・スプリングやダンパーなどで構成される”フォード・レーシング・ハンドリング・パック”をインストールしています。GT-Hのホイールキャップが装着された19インチの足にはミシュランパイロットスポーツが履かれています。

Shelby350GT-H-10

「より多くの方に体感して欲しい」という理由で、ミッションはオートマチックのみの用意となっています。なお、レンタル開始時期は、2016年5月末の戦没将兵追悼記念日の週末から、「ハーツ・アドレナリン・コレクション」のラインアップとして複数の空港でレンタルをスタートするとのこと。

気になる料金についてはまだ未公表ですが、今年の夏にアメリカ旅行を検討しているのであれば、ぜひシェルビーGT-Hとともに最高の思い出を作ってみませんか?

クリハラジュン

クリハラジュン

大学生時代に就活せず自動車ライターをはじめ、生活の全てを愛車のインプレッサ WRX STI Type Rにささげているクルマ馬鹿でありマカーです。