ホンダブースはいよいよ新型NSXが日本凱旋【東京モーターショー15直前情報】

10月29日から11月8日まで東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」。
既に各出展メーカーから発表が出始めています。

新型NSX、新型シビックTypeRと今年は話題に富んだホンダ。当然ながら前述の2台は出展されます。新型NSXは、量産モデルがついに日本で初お披露目となります。一般開催前のプレスデーから最終日までNSXの周りから人だかりがなくなることは無いでしょう。

シビックTypeR【ジャパンプレミア】

c150930_006H

日本では750台限定販売が決定している新型シビックTypeR、既にレースイベントなどで間近に見た人も多いと思いますが、今年のモーターショーにおける注目の1台といえます。

さて、モーターショーの華、メーカーの今後のビジョンを表す「コンセプトカー」はどうでしょうか?ホンダは4台展示し、うち3台はワールドプレミアとなります。

新型FCV(仮称)【ワールドプレミア】

c150930_001H

以下プレスリリース文より

「Honda独創の技術により、市販車として世界で初めてセダンのボンネット内に燃料電池パワートレインを集約することで、大人5人が快適に座れる、ゆとりあるフルキャビンパッケージを実現。さらに700km以上の航続距離や、高出力モーターが生み出す爽快な走りを可能にしました。また、外部給電器との組み合わせにより、非常時には“移動する発電所”として電力を供給することもできます。」

コンセプトモデルとはいえ、決してこのクルマが街で見かけるまでにそう時間は掛からないと思います。フロントマスクがホンダらしく鋭いアグレッシブなデザイン。ただ単にラグジュアリーだけではない、「運転する歓び」、「所有する喜び」をオーナーにあたえるクルマであると期待します。

移動の喜びを追求したコンセプトカー「WANDER STAND CONCEPT」【ワールドプレミア】

c150930_016H

c150930_018H

このコンセプトカーは、狭い市街地でのより自由度の高い移動を目標にホンダが提案したシティーコミューター。自動運転機能を持ち、大人二人が乗車できます。個人向けというより、ニュータウンなど、中規模の市街地や観光地での公共移動手段として利用がうってつけではないかと思う1台です。

歩行者との自在な往来が可能な近未来のパーソナルモビリティ「WANDER WALKER CONCEPT」

c150930_019H

c150930_021H

こちらは、歩行者との並走を想定したパーソナルモビリティです。高齢者、ハンディキャップのある方がより快適に広範囲に移動できるように、電車の自動改札機の通過も可能です。ハンドル上部中央に取付けられたナビゲーションシステムで安全に目的地まで案内するだけではなく、メッセージや通話によるコミュニケーションが可能です。前輪が左右90度に可動するのでその場での転回も出来ます。ショッピングモールといった歩いて回るにはちょっと…といった場所でも歩行者と楽しくショッピングできそうです。

クルマ乗りも要チェック!3輪バイク「NEOWING」【ワールドプレミア】

c150930_023H

以下プレスリリース文より

大型二輪車と同様のコーナリングフィールを楽しめるスポーティーな走りと、低速走行時の安定感を両立した、これまでにないスポーツハイブリッド三輪車です。トルクフルで力強い加速を生む水平対向4気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。前輪に独自のリンク機構を採用し、二輪車の持つメカニカルな魅力を強調した先進感あふれるスタイリングを備えた、新価値を提案するコンセプトモデルです。

当然ホンダはオートバイのメーカーでもありますので、今回も数多くの2輪モデルを出展します。特に気になったのはこのNEOWING。ちょっと生物的なデザインとクルマ乗りが惹かれそうなホイールデザインとキャリパー、どんなステージでも難なくパワフルに走破できそうな雰囲気を醸し出していますね。市販化が望まれる1台です。

参考 – HONDA

クリハラジュン

クリハラジュン

大学生時代に就活せず自動車ライターをはじめ、生活の全てを愛車のインプレッサ WRX STI Type Rにささげているクルマ馬鹿でありマカーです。