後継機が登場するとウワサのトヨタ「ヨタハチ」を2分で知る!

近々トヨタが小型のスポーツカーを発表するという。トヨタが誇る小型スポーツカーと言えば、トヨタ「スポーツ800」、通称”ヨタハチ”を思い浮かべるが、案の定、ヨタハチの後継機だという。

大変、残念ながらイメージカットを見た限りでは、ヨタハチの成分はカケラほども見受けられなかったが、ともかくヨタハチの後継機だとのことである。浮谷東次郎が伝説のレースを見せてくれたヨタハチ、ホンダ「S600」のライバルであるヨタハチ、クレイジーケンバンドの歌詞にも度々登場するヨタハチ。若者は存在すら知らないであろうヨタハチ。というわけで、今回は伝説の小型スポーツカーとしても知られるトヨタ「スポーツ800」について語ってみようと思う。

トヨタスポーツ800=ヨタハチ

後継機が登場するとウワサのトヨタ「ヨタハチ」を2分で知る!

トヨタ「スポーツ800」とは、その名が示している通り、トヨタ自動車が製造した小型軽量のスポーツカーである。上記したように「ヨタハチ」の通称で親しまれている。非力なエンジンを搭載しながらも、軽量で空気抵抗に優れたボディにより、高性能を発揮したことでも知られる、1960年代の日本製小型スポーツカーを代表する一台である。

シャーシとエンジンはパブリカを流用

開発当初は「パブリカ・スポーツ」の名称で進められていたことからもわかるように、当時トヨタが生産していた最小のモデルである大衆車、パブリカのエンジンとシャーシを流用することを前提として開発された。非力なパブリカ用のエンジンで高い性能を確保するため、軽量化と空気抵抗の抑制が図られ、結果としてデザインは徹底して丸みを帯びた。また、ボディにはモノコック構造が採用され、重量は僅か580 kg に抑えられた。全長3,580 mm ×全幅1,465 mm ×全高1,175 mm という小さな2シーターボディの完成である。

非力なエンジン+優れたボディの組み合わせで155km/hを叩き出すことに成功!

ほとんどのパーツはパブリカからの流用で賄われることとなったが、パワーユニットは、当初、パブリカ用のU型(空冷水平対向2気筒OHV・700cc)を約100ccの排気量拡大し、ツイン・キャブレターを搭載することによって、790cc、45psを実現した。それでもまだ非力だったが、軽量空力ボディの効果は大きく、155km/h の最高速度を達成することに成功した。

未だに語り継がれる伝説のレースを達成

日本の自動車レースの黎明期に登場したヨタハチは好敵手と言えるホンダS600の存在と相まって、多くの逸話を残した。伝説的に語られるのは、1965年7月18日の船橋サーキットにおける全日本自動車クラブ選手権レースであろう。GT-1クラスレースの序盤、ホンダS600を駆る生沢徹のスピンに巻き込まれて接触し、ピットインした浮谷東次郎のヨタハチは、16位にまで後退しながら、その後、驚異的な追い上げを見せて順位を挽回。ついには先頭を走る生沢のS600を抜き去り、さらに2位以下を大きく引き離し、見事、優勝しているのだ。

エポックメイキングな車種でもあった

1977年に行なわれた東京モーターショーにヨタハチにガスタービンエンジンと電気モーターを搭載したハイブリッドカーが展示されることとなった。トヨタのハイブリッドカーの先駆けはプリウスではなく、ヨタハチだったのだ。また、ヨタハチには着脱式のトップが採用された。ポルシェ・911での用いられていた呼称を流用して、後年「タルガトップ」と呼ばれるようになったが、実はポルシェよりも採用は早かったのだ。このようにヨタハチはエポックメイキングな車種でもあったのだ。

約4年で生産終了、ゆえに自分の愛車の行方がわからない

1965年から作られ、幾多の伝説を残したヨタハチだったが、小型といえど2シーターのスポーツカーが大量に売れる情勢ではなく、また、国外への輸出もほとんど行われなかった。1969年に生産中止された段階での総生産台数は、3,131台である。この生産台数の少なさが、ヨタハチをレア車両へと押し上げることとなった。

現在、ヨタハチを所有したいという方は

ヨタハチは人気車種であり、また、レア車両でもあるため、値段もそれなりに高く、300万円代後半から500万円台にも及ぶ。ただし、パーツに関しては多くの部品がパブリカと共用できるため、それほどパーツには不自由しないという。むしろ、ボディパーツなどのほうがよほど深刻だとか。どんな旧車でもそうだが、ヨタハチも同じく、維持をし続けるにはお金がかかる。そして時間もかかる。それでもヨタハチが好きだという方は、それらの試練を乗り越えて、次世代にまで残す勢いで、大事に乗ってほしいものである。

画像 – Flickr : Moto “Club4AG” MiwaJim Culp

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。