BMWモトラッドがリリース!BMW「X2シティ」は実用に耐えうる電動キックスクーターなのだ!

EVばかりでなく、電動スクーターも頻繁に取り上げている当サイト。最近だけでも……

懐かしくも新しい!チェコ生まれの電動スクーターČezeta「Type 506」は60周年アニバーサリーモデルなのだ!

国内販売が開始!BMWモトラッド初の電動スクーター「C evolution」は実用の域に達しているのか?

こんな感じで、幾つか電動スクーターを紹介してきました。

が、今回ご紹介するのは、BMWモトラッドがリリースした”電動キックスクーター”。それが、BMWモトラッド製品らしく、高機能かつ実用的なのです!

BMWモトラッド「X2 City」とは?

コチラが「X2シティ」。電動アシスト機能を有したキックスクーターです。

ヨーロッパの大都心住民を悩ませる慢性的な渋滞や駐車スペース不足といった問題を解決する乗り物として企画されました。

EU(の大部分)で、14歳以上なら誰でもノーヘル無免許運転可能な”Pedelec25″に分類されます。

BMWモトラッド「X2 City」の特徴

「X2シティ」は、ドイツの大手玩具メーカーである”ZEG”と、同社が有するブランド群である”Kettler”、”Bulls”、”Pegasus”、”Hercules”などとのコラボレーションにより生まれたモデル。

電動での航続距離は25~35km、最高速度は25km / hと充分すぎる高性能を有しています。

流石にBMWブランド名で発売されるモデルだけあり、カタログデータだけが立派なのではありません。

その証拠が、キックボードとしては大径の前後14インチホイールを始めとした充実した足回り。フロントフォークは片持ちの油圧式正立フォークを採用。ブレーキはディスク式です。もちろんヘッドライトを装備しています。

リアホイールにモーターを装備。フェンダーにはリアリフレクターとブレーキランプを標準装備しています。

電動アシストの出力はハンドルバーに搭載された操作ユニットにより、時速8、12、16、20、25km / hの5段階に設定できます。安全上の理由により、時速6km / hに達するまでは電動アシスト機能は作動しません。電動アシスト機能はブレーキレバーに装備されたスイッチにより、どんなタイミングでも遮断が可能です。

リアブレーキもディスク式。前後ブレーキは、ハンドルバーの左右に装備されたレバーで操作します。

フロア部分にはリチウムイオン・バッテリー(408Wh)を搭載しています。家庭用電源での充電時間は約2.5時間。かなり良い感じですね!

販売チャンネルもユニーク!

いかがでしたでしょうか?極めて実用性の高そうな、この「X2シティ」。通常のモーターサイクル販売店ではなく、厳選された自転車店のほか、協業した”KETTLER Alu-Rad”のネットショップにて購入できるそうです。

お値段は、2,400ユーロ付近(約30万円)と発表されています。決して安価ではありませんが、この性能なら納得と言えるのではないでしょうか?

参考-BMWモトラッド(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。