なにこれ欲しい!チェーン駆動のギミックが美しい高級腕時計「Crazy Rider」

「バイク好きには腕時計好きが多い」なんて聞くことありますよね? 確かに腕時計もバイクも、メカニカルな魅力という点で共通しているような気がします。

そこで今回は、スイスのアジムート社が製造する、バイク好きならグッとくること間違いなしの機械式腕時計「Crazy Rider」をご紹介しましょう。

面白すぎるギミック

Azimuth-SP1-Crazy-Rider-5

「Crazy Rider」の何が面白いのかというと、それは一目瞭然、メカニズムにチェーンが組み込まれていること! これはバイク好きなら一発ノックアウトのギミックではないでしょうか?

まず、文字盤を見ていただけばわかるとおり24時間表示です。楕円の文字盤上で針を機械的に制御して、正しく時刻を表示しているわけです。ちなみに、長針はリアスプロケット側を回るだけですが、短針はチェーンにくっついて動くのです!

自動巻きでラクラク

Azimuth-SP1-Crazy-Rider-4

外観だけの面白さでなく、機械式腕時計として作動するところこそが「Crazy Rider」の面白いところ。また、ムーブメントは自動巻きなので電池は不要となっています。気になる点といえば、幅55mm×縦38mmという、腕時計にしてはやや大きめのサイズとなっています。

ケースはPVD加工(蒸着加工)が施されたステンレススチール製で、ベゼルはステンレススチール製。3気圧防水となっています。タイトル画像(最上部)にある通り、ストラップはスティッチ付きレザー仕様。高級時計らしく抜かりありません。気になるお値段は…68万円(税別)とかなり高額! まぁ、スイス製の高級腕時計ですからね…。

AZIMUTH(アジムート)とは?

製造元のアジムート社は2003 年にスイスはバイエル州に誕生した比較的新しいメーカー。

革新的なデザインの機械式時計に特化したことで、数ある同国の老舗メーカーとの差別化に成功しています。下の写真にあるようなロボットをはじめ、レースカーの計器パネルやルーレット台といった斬新なデザインを採用したモデルを連発する、とても面白いメーカーです。

こちらは日本のブリキロボットをイメージして作られたモデル「Mr.Roboto」

s_Azimuth

同社のカタログには、日本が誇るおもちゃ博士でありコレクターとしても著名な、あの北原先生が登場していました!

Crazy Riderのギミック確認動画

※動画は早送りです

いかがでしたか? かなり高価ではありますが、バイク好きなら放っておけないギミックを搭載した「Crazy Rider」。ご興味を持たれた方は、ぜひ同社のウェブサイトを覗いてみてくださいね!

参考 – AZIMUTH、Youtube : Azimuth SP 1 Crazy Rider Watch

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。