これもいいぞ!高音質が楽しめる「HDヘルメットスピーカー」!

以前にもヘルメット内部に取り付けることで、スマホやナビの音声を聞けるようになる「ステレオヘルメットスピーカー」をご紹介しました。ナビを聴くぐらいであれば何の不満もありませんでしたし、価格的にも安いし大満足していました! しかし、音楽も聴くとなると「さすがに1,900円(税抜)の音質ではちと辛いなぁ…」と感じていたところ、よりグレードの高いスピーカーが販売されていたことに気がつきました。

HDヘルメットスピーカー

それがこの「HDヘルメットスピーカー」です。価格は3,800円(税抜)と少々お値段は上がりますが、ハイグレードな音質になるとのこと。これは…「ステレオヘルメットスピーカー」と聴き比べしたくなるってもんですね。

スピーカーをヘルメット内部に取り付けるための面ファスナー付きウレタンパッドも、とてもしっかりとしていて高級感あるものでした。

イヤホンジャックは金メッキ仕様。メッキによって端子の表面が酸化しないことと、抜き差しによる摩耗にも強くなっています。細かい部分かもしれませんが、このように長く使えるように考えられているんですねぇ。

スピーカーの裏側にはかなりの違いがありました。「HDヘルメットスピーカー」は20mmの強磁力マグネットを使用しているので2mmほど厚みも増しています。

片方の重さも実際に計測。ステレオヘルメットスピーカーは9gですが、HDヘルメットスピーカーは15g。わずかな差ですが、音響モノは重くて硬い方が高音質が出せるといいます。

ヘルメットに取り付けてみた

以前にも紹介した「ノーラン製N44」に取り付けてみます。

しかし、スピーカーが入るスペースがほとんどないことに気が付きます…。このまま装着すると長時間では耳が痛くなる可能性が…。

インナーをめくってみたら、耳の部分のウレタンに材質違いの丸い部分を発見しました。海外モデルの「N44」はN-COMが取り付けできるようになっているので、そのための穴埋めなのでしょう。これはもしかすると取れるようになっている?

ウレタンをめくってみたらビンゴでした。ご丁寧に配線を通すためと思われる穴も空いてます。

HDヘルメットスピーカーをはめてみたら、なんと面ファスナーを使わなくてピッタリと納まりました! これはまさにHDヘルメットスピーカーのためにあつらえているかのようです!

配線をインナーから出せば装着完了! 早速、いつも聴いているバンドの練習曲を聞いてテストしてみたところ、音質はスピーカーから直というよりも、ヘルメットの中で回るような感じに聞こえてきます。躍動感あるサウンドになり、重低音も迫力のあるものになりましたよ!

ナビだけ聞ければ良いという人は1,900円の「ステレオヘルメットスピーカー」で十分ですが、ナビの音声だけじゃなく音楽も楽しみたいという人は、ちょっと高いけどこの「HDヘルメットスピーカー」がお勧めです!

デイトナ HDヘルメットスピーカー

価格:税抜3,800円(品番:91364)

〈セット内容〉

  • ステレオスピーカー:1セット(外径φ40、厚さ10.㎜)
  • オーディオ接続ケーブル(約100cm)
  • インピーダンス:8Ω
  • センシティビティー:130dB/m±3dB

参考-デイトナ

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。