モバイルバッテリーを買うときの要注意項目【オススメランキング付】

バイク移動時にスマホでナビアプリを見ながら移動するのはもはや必然。USB電源を付けていればよいのですが、バイクを複数台所有している筆者は、付けてない他の車両のことも考えモバイルバッテリーを買ってみました。

モバイルバッテリーを買うときの要注意項目【オススメランキング付】

通販サイトで『ポリマー超大容量 携帯充電器』というのを見つけたのです。充電約10回で2台同時可能。数字で残量表示もされるし(ランプ表示だと正確な残量が分からなくてモヤモヤするので)、6か月保証付き。熱を逃がすアルミボディだし、何よりポリマーという響きが”タツノコ世代”的にはカッコいい! これが3,880円(税込+送料込)なのです!

「買うしかないジャン!! ポチっとな!!」

モバイルバッテリーを買うときの要注意項目【オススメランキング付】

こちらをマジックテープなどでスマホに貼り付けておけば、持ち歩きには困らないなと思ったのです。これで4〜5日間、山に籠って修行しても電脳世界と繋がっていられます。

そして、2〜3日後に何やら届きました。「あれ、本なんて買ったっけ?」というくらいの大きさと、すごく重い包みが!

モバイルバッテリーを買うときの要注意項目【オススメランキング付】

開けたらこのサイズ!

いや、サイズ表記もしっかりとされていたのですが普通写真のイメージだけで購入してしまうではないですか!

モバイルバッテリーを買うときの要注意項目【オススメランキング付】

四六判サイズ(188mm×130mm)の単行本とほぼ変わらない大きさだし…。

重量計測したら550gで、『〈物語〉シリーズ』2冊とほぼ同じ重さには西尾維新先生もビックリだろ。

モバイルバッテリーを買うときの要注意項目【オススメランキング付】

スマホに貼りつけて、バイクのメーター脇に備えるなんてちょっと無理っぽいです。

機能性は高いので気に入ってますが…。

高性能を求めれば大きくなるのは仕方ないが、モバイルバッテリーを購入するときは、ボディサイズに気をつけましょう。なお、5,200mAhでスマホ2.5回、8,000mAhで4回、20,000mAhで10回充電できるようですね。

充電10回分はちょっと欲張り屋さんだったかも?

オススメのモバイルバッテリーランキングはコチラ

5位:大容量モバイルバッテリー(5,200mAh)

4位:極薄 軽量 モバイルバッテリー(8,000mAh)

3位:モバイルバッテリー(12,000mAh)

2位:スマホバッテリー 大容量(5,600mAh)

1位:Redhill Power 5200 大容量 モバイルバッテリー(5,200mAh)

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。