この夏手に入れておきたいシルバーアクセとは?

これから訪れるであろう夏の前に揃えておきたいアイテムと言えば、やはりシルバーアクセだろう。中でも真っ先に手に入れておきたいのはウォレットチェーンではないだろうか。財布の存在感を知らしめてくれる実用感のみならず、腰に光るシルバーは、他の人との差別化を感じさせてくれるハズだ。ここでは、そんな大人の遊び心を持った方にオススメしたいウォレットチェーンを紹介しよう。

遊び心を刺激する至高のウォレットチェーン

ホットロッドやロウブロウ、ビンテージトイにカスタムカルチャーといったアンダーグラウンドな世界感をデザインに落とし込んだプロダクツを世に発信することで知られるブランド「WEIRDO」を代表するアイテムである「パドロックウォレットチェーン」。

名前の示す通り、ビンテージの南京錠がモチーフとなったウォレットチェーン、遊び心と精巧さとがハイパフォーマンスに融合された最上級のシルバーギアとして具現化されている。

南京錠部分は精密なギミックとリスペクトが刻まれている

この夏手に入れておきたいシルバーアクセとは?

ベルトループに通す南京錠はカギ部を押してひねることで鍵が開くという、シルバーアクセとしてはかなり精密で高度なギミックが用いられている。また、南京錠に刺さってる鍵部分にはロウブロウアーティストとして知られるエド・ロスとヴォンダッチの没年が刻印されている。

フック部分はカギ状になっている

この夏手に入れておきたいシルバーアクセとは?

財布側に装着するフック部もカギ状になっている点が遊び心の一つであろう。また、このフック部は同社のペンダントトップと同じデザインをしているという点もユニークだ。こちらにはエド・ロスとヴォン・ダッチの生誕の年が刻印されている。彼らに対する深いリスペクトとともに、こだわりの部分も伺える。

一生モノとして育て上げていくのに相応しい逸品だ! シルバーアクセは確かに値が張るモノで、おいそれと買える代物ではないのだが、男の見栄として、バイカーの必需品の一つとして身につけておきたいアイテムである。そしてここで紹介したパドロックウォレットチェーンは、一生モノとして育て上げていくのに相応しい逸品である。なお、シルバーの値段は厳しいという方には、同じデザインでブラス製も存在するので、そちらをチェックしてみるのも手ではないだろうか?

【関連記事】

2分で学ぶ!大衆アートムーヴメント「ローブローアート」とは?

靴したで有名な「STANCE」のイメージビデオがすこぶるオシャレ!

感謝の意を名前に込めたビーズアクセサリーブランド「SunKu」

ブライトリングの最新腕時計”Breitling B55″がハイテクすぎる!

フォトグラファーBENTENKOZOUモデルのウォレットとベルトが発売!

参考 – GLADHAND CORE
センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。