みんな大好き!SNAP-ONの歴史が2分30秒でわかる動画

クルマやバイクはもちろん、自転車のメンテナンスにおいても、絶大な人気を誇る「スナップオン・ツールズ」。

他の追従を許さない、絶対的な地位「キング・オブ・ツール」の歴史が2分半というコンパクトな尺に収めた動画がございますので、スナップオンのことを知らない人も、知っている人も、使っている人も使っていない人も、必見の動画です!

スナップオン・ツールズの歴史

みんな大好き!SNAP-ONの歴史が2分30秒でわかる動画

1920年、一人の青年が画期的な工具を生み出した。

それが「インターチェンジャブルソケットレンチ」だ。

レンチのソケットとハンドルを分離させるというアイデアはこのとき生み出され、自動車整備業界に革命をもたらした。

みんな大好き!SNAP-ONの歴史が2分30秒でわかる動画

考案者の名は、ジョセフ・ジョンソン。

彼の既成概念にとらわれない精神によって、スナップオンの歴史は始まった。

みんな大好き!SNAP-ONの歴史が2分30秒でわかる動画

1940年代に入ると、ウォークスルータイプのバンを使った販売を開始。

この販売体系が、今もスナップオンのスタイルに脈々と受け継がれている。

みんな大好き!SNAP-ONの歴史が2分30秒でわかる動画

1960年代に入ると、米軍の依頼により「フランクドライブ・レンチシステム」を開発。

この工具は、従来の点接触レンチから、面でとらえる面接触レンチシステムにすることによって、より強いトルクを実現した。この技術は、後のボックスソケットやレンチにも応用され、今でもユーザーから高い評価を得ている。

みんな大好き!SNAP-ONの歴史が2分30秒でわかる動画

1980年、ついに日本法人である「スナップオン・ツールズ・インダストリアル株式会社」が設立され、90年代に入り、「スナップオン・ツールズ株式会社」に名前を変更。

そして現在、「世界最高の工具を、お客様のもとへ届けるために」今日もスナップオン・バンは日本中、世界中を走り回っている。

工具は、大切に使えば”一生モノ”とも言われています。

大切な愛車のメンテナンスにプロも認めるツール、「スナップオン」をとりいれてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

メカニックの”あるある体験”を減らせる便利なニッパー!

作業がスゴイはかどる!つかみ系最強工具はコレ!!

削りながらも手元が見えるディスクグラインダー!!

1907年式の世界207台しかないハーレーが7,700万円で落札された!?

バイクに装着するバッグの中で最強に便利な素材とは?

参考 – YouTube : スナップオンツールズ[History]

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。