色あせてしまった本革シートを「染めQ」で完全に復活させてみた!

本革シートのバイクに乗るライダーの悩みといえば”シートの変色”。黒いシートが気づいたら茶色に…。また、白いシートにデニムの色移りや、直射日光による黄ばみなどを経験したことがある人も多いのではないだろうか? しかし、諦めて新しいシートを購入する必要はない。染めQテクノロジィ社より発売されている、最先端のナノテクノロジーを駆使した染色型塗料「染めQ」を使えば、お気に入りのシートの色も元通りになる。さらにはカラーチェンジすら可能にするという優れものだ。今回は、そんな「染めQ」を実際に使用してみて、その効果までをご紹介しよう。

スプレーは少しずつ吹き付ける

実験台になったのは、ハーレーに取り付けてあった本革製のピリオンシート。もともとはブラックカラーで購入したのだが、雨風や直射日光による経年劣化により、思いっきりブラウンになってしまっていた。それではさっそく実践だ!

スプレーを噴射する時は一気に行うのではなく、焦らず少しずつ吹き付けること。また、「染めQ」は吹き付けてから乾燥までの時間が早く、乾いた後はねじろうが引っ張ろうが、割れたり剥がれたりしない。もちろん衣類にも付かないので安心して使えるぞ。

効果のほどは一目瞭然!

すっかり色あせて茶色になっていたピリオンシートもご覧のように元通り! 素人でも簡単・キレイに仕上げることができるのでお試しあれ。カラーバリエーションも豊富なので、イメージチェンジを図って他の色に変えてみるのもいいだろう。

面倒な塗り分けやマスキングも不要

本革やビニール素材、プラスチックや木材までキレイに塗ることが出来るので、面倒な塗り分けやマスキングも不要。まさに最強の塗装スプレーと言えよう!

安価な値段で新品同様の姿に生まれ変わらせることが可能な「染めQ」。シートの買い替えを考える前に、是非とも試して頂きたい。

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。