F1マシンの技法も投入!水上を飛ぶように走るグライダーヨットってなに? 

グライダーというと、エンジンを搭載せず風の力を利用して飛ぶ飛行機をイメージしますよね? 実は、そのヨット版が登場したのです。風の力を利用し、水上をかなりのスピードで滑走できるスポーティなヨットで、しかもラグジュアリー。

イギリスのGLIDER社が製作した「SUPERSPORTS SS18」がそれです。

カーボン素材を随所に使用

ご覧の通り、まるで近未来の飛行機をイメージさせるデザインが、かなりワクワクしてしまうこのヨット。ボディサイズなどは公表されていませんが、ヨット最上部にあるキャビンに乗っているパイロットを含めた5人がかなり小さく見えますから、よほど大きいヨットなのだと想像できます。

しかも、こちらのヨットは軽量で高い剛性を誇るカーボンファイバーをふんだんに使い、ボディの製作に当たっては、最新のF1マシンや宇宙船にも使われている技法も投入しているのです。

これらにより、水上での最高速度は56ノット(約103.7km/h)を発揮! かなりのスピードですよね。

しかも、当然ながらエンジンを使わないので、エコで静か。写真のように、ビキニのお姉さんたちが乗っても違和感がない豪華なデザインも魅力です。

ちなみに、その走りや優雅なスタイルを堪能できる動画があるのでご覧下さい。

どうです、なかなかカッコイイでしょう。

ハイパーバージョンやリムジン仕様もある

「SUPER SPORTS SS18」には、さらにハイスピードの走行が可能なハイパースポーツ・バージョンもあり、こちらはなんと最高速度96ノット(約177.7km/h)以上! 水上でこのスピードは、かなりエキサイティングな体験ができそうです。

また、ボート内部にキャビンがあり、大人数のゲストが乗れるリムジン仕様(写真上)もラインアップしています。

こちらは、豪華客船並みの快適クルージングが楽しめるのが魅力です。

いずれのモデルも、公式サイトには「価格は応相談」しか載っていません。恐らく、様々なオーダーに応じて受注生産をするとか、もしくは時価!って感じなのでしょう。ともあれ、一度載ってみたいことだけは確かです。そして、その時はぜひビキニのお姉さんと一緒でヨロシクです!(誰に?)

参考 – GLINDER公式サイト
平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。