ヤマハの50周年アニバーサリー!ターボから2スト500ccまでスノーモービルはエンジンが面白い!

ヤマハが50周年アニバーサリーモデルを発表しました!

50周年アニバーサリーと言えば、ホンダ「モンキー」が最新トピックではあります。

完成度は30周年より高し!ホンダ「モンキー」50周年アニバーサリーは初代モンキーがモチーフなのだ!

そのおめでたムードを吹き飛ばすように、衝撃的に生産終了がアナウンスされましたが……

それはさておき、今回の50周年アニバーサリー・モデルはヤマハです。早速ご紹介しましょう!

ヤマハのスノーモービル事業が50周年!

モーターサイクルの軽量・ハイパワーなエンジンと、それを支える足周りの技術を生かして、オートバイ・メーカーがスノーモービルを製造販売しているのは、ご存知の通りなのですが……

赤黒のスピードブロック的なグラフィックが施された、このモデル、実はヤマハが自社スノーモービル事業開始から50周年を迎える2018年モデルとしてリリースした、50周年アニバーサリー車両なのです。

グラフィックの紹介だけでは面白くないので、この機会にスノーモービルのエンジンもご紹介しておきます。

1,000ccターボに2スト500cc!

ご覧のとおり、ターボエンジンを搭載していたりするのです! 総排気量998cc、インタークーラーを装備、ターボと言えばのIHI製セラミック・ベアリングを採用。

この業界では、最高出力を明らかにしないのですが、ヤマハ自身のエンジン特性分類では”Ultra Performance”とされています。

そんな凄まじいモデル群は、残念ながら海外専用モデルなのですが……

ここに紹介する国内モデル「VK540V」もエンジンにご注目ください!

空冷2ストローク直列2気筒という、超懐かしいエンジンを積んでいるのであります! 知っている人にとっては当たり前でしょうが、興味を持たれる方も少なくないのでは?

Youth Modelも50周年アニバーサリー!

今回の50周年アニバーサリーモデルは、特別な1車種への設定ではなく、グラフィックや細部変更により、各モデルに対して設定しています。

ですので、この何とも可愛らしいYouth Modelも50周年アニバーサリー!

通常カラーはコチラ!

Youth Modelは、もちろんターボエンジンなんかではなくて、200ccの4ストロークエンジンを搭載。扱いやすさを重視した仕様となっています。

動画もどうぞ!

国内導入は……

ヤマハのスノーモービル事業の50年をまとめた動画も公開されていました!

さて、こんな懐かしのカラーを身に纏った50周年アニバーサリー・モデルですが、現在の貧弱な国内ラインアップを眺める限り、残念ながら国内販売に大きな期待はできないと思われます。

が、何せ記念すべき50周年ですから! ヤマハさんがスルーしてしまうことはないと願いたいものです。

参考-ヤマハ(グローバル;スノーモービル),Youtube:2018 Yamaha Youth Series Snowmobiles
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。