梅雨の季節にあえて行きたいツーリングスポット

みなさん、GWは満喫されたでしょうか。そろそろ梅雨入りのシーズンとなりましたね。雨天が多くなるためツーリングライダーにとっては憂鬱な季節でもあります。でも、そこは発想転換! 雨天ならではの良さが感じられるツーリングスポットもあるのです。人それぞれの好みもありますが、私のオススメを紹介したいと思います。

その1:木曽路

梅雨の季節にあえて行きたいツーリングスポット

長野県の中山道に点在する妻籠宿や馬籠宿なんてどうでしょうか。重要伝統的建造物群保存地区として国に指定されている街並みを味わうには晴天よりも雨模様がいいのです。古き良き江戸の情緒を体験できる甘味処やお蕎麦屋さんで一服しつつ、軒先から滴り落ちる雨粒をぼんやりと見つめてみる…。雨天は観光客も少ないですから静かな時間が本当にゆっくりと流れます。

その2.明月院(めいげついん)

梅雨の季節にあえて行きたいツーリングスポット

神奈川県の鎌倉市にあるお寺です。梅雨の季節を彩る花と言えば紫陽花(あじさい)ですが、このお寺は通称「あじさい寺」と呼ばれるほどの名所となっています。名跡の多い鎌倉は、その全域が雨の似合う町と言っても良いですが、ここは格別。6月には境内全域に紫陽花が咲き乱れ、ライディングでほてった体をクールダウンしてくれます。また、鎌倉幕府の五代執権、北条時頼(北条時宗の父)の墓所があるなど史跡としても楽しめます。

このように、雨天のツーリングには休憩時や散策時にゆっくりと楽しめるスポットを組み込むのが良いでしょう。なお、ツーリングではいつ雨が降ってくるかわかりません。レインウェアはもちろんのこと、小型の折り畳み傘や防水加工の帽子(キャップやハット)を携行すると安心です。

【関連記事】

あのフルーツを使ったグルメが春の南房総で楽しめる!!

バイク乗りにしかわからない10のメリット

「日本三大がっかり名所」ナンバーワンはここだ!

コレは使える!! スマホで撮ってサッとプリント!ポラロイド極小プリンタ

紀伊半島をツーリングコースにすべき4つの理由

画像 – Flickr : ogajud紫織RaymondChen

村上菜つみ

村上菜つみ

旅を愛するフリーライター。ツーリング誌の編集部出身のためバイク旅を得意とするが、乗り物全般・スポーツ・家電と他にも引き出しは多い(つもり)。