ビンテージバイク? いえ、オシャレな電動アシスト自転車「OtoR Electric Bike」です!

しっかし、よくもまぁここまで作り込んだものである。だって、エンジンが搭載されてない以外は、ほんとにビンテージバイクみたいなんだもの。

20150604-190600-Edit-e1437043149180
スペイン・バルセロナに拠点を持つ「Oto Cycles」が製作した「OtoR Electric Bike」は、電動アシスト自転車である。

OTOR-BCN6

ほぼ手作りで作られたこの自転車は、ワイドなバーハンドルにテレスコピック式フロントフォーク、丸目1灯ヘッドライトやフューエルタンク、サドル風シート等々、本格的なモーターサイクル風の装備が満載。全長2,100mm×850mmで、重さは27kgだ。

36V・11Ahのバッテリーを搭載し、36Vのブラシレス電動モーターでペダルの推進力をアシスト。モーター出力は、250Wのスタンダードタイプの他に、オプションで500Wや1,000Wのよりハイパワーな仕様も選べる。

OTOR-S17-e1437044935768
最高速度は25km/hに達し、一回の充電で航続距離は約70kmなので、プチ遠出もOK。フロントディスクブレーキでストッピングパワーも十分だ。

カラーはオレンジ×ブラックやブラック、ブルー×ホワイトなど豊富。また、ホワイトリボンタイヤなども選べる。

20150611-184047-e1437040204351

こんなスタイリッシュなチャリで街を走れば、注目されること間違いなし。

う〜ん、欲しい。

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。