バーゲンプライス!国内販売が開始されるBMW「G310R」は革新的な技術が投入されたのに価格も魅力!

普通自動二輪免許で運転できるサイズであり、操作性に優れ、扱いやすく、同時にスポーティなBMWモトラッド「G310R」。軽量でありながらも、単気筒313ccエンジンにより力強い走りを実現。

その洗練されたデザインは「S1000R」の遺伝子を受け継いでいるかのようです。

普通自動二輪ライダーよ!BMW「 G310R」が年内に登場だ! ただし、イギリス限定…

BMWも普通二輪免許対応モデル!313ccストリートファイター「G310R」【東京モーターサイクルショー2016】

当サイトでも注目しており、幾度となく本車両の情報をご提供してきましたが、遂に国内販売が開始される運びとなりました!

そこで今回は、BMW Motorrad Japanの公式リリースをベースにして、今一度「G310R」を復習しつつ、最後にお値段と発売日をお伝えしましょう。

BMW「G310R」とは

力強いヘッドライトを備えたスポーティなヘッドライトフェアリング、ダイナミックなフューエルタンクトリム、そして典型的なロードスターのプロポーションを採用した「G310R」。

ゴールドにアルマイト加工された倒立フロントフォークとブレーキキャリパーは、高品質なクラフトマンシップを強調しています。

ちなみに”Bybre”とは、ブレンボ・グループの一員で、BRIC市場向け車両用ブレーキシステムを提供しています。

細部までこだわったアルミニウム製スイングアームは、カットアウトすることで軽量化を図るとともに、ストラットが安定性をもたらし、ワイドなタイヤが路面との的確な密着を実現します。

エンジンのシリンダーを異例なほど後方へ傾斜させています。念のため記しますと、上の写真、右側がライダーにとっての前方となります。

エンジンの総排気量は313cc。4ストローク単気筒エンジンのボア×ストロークは80×62.1mm。最高出力は25kW(34PS)/ 9,500rpmです。

シリンダーヘッドを180°回転させたことにより、重心位置はより低くなり、フロントホイール方向へと移動。このため「G310R」は、より俊敏でコントロールしやすくなっています。そして低く、長いスイングアームにより、不必要にホイールベースを延ばすことなく、安定性を向上させています。

こうした努力により、車両重量(走行可能状態・燃料満タン)は158.5kgと軽量に仕上げて来ています。

BMW「G310R」のカラーラインアップ

ここまでに掲載してきた”パール・ホワイト・メタリック”のほか……

コスミック・ブラック

ストラト・ブルー・メタリック

この2色をラインアップしています。

バーゲンプライスも魅力!

さて、安易なサイズダウンやコストダウンに走らず、小さな車体に新しい技術を投入した「G310R」。気になる車両本体価格(消費税込み)は……なんと、58万円!

パール・ホワイト・メタリックはオプションカラーのため、+7,500円ですが、それでも58万7,500円。完全なるバーゲンプライスです!

BMW Motorrad Japanさん、ありがとうございます!ベテランライダーにとっても魅力的な本モデルですが、このお値段なら若手ライダーにも手が届く範囲ではないでしょうか?

普通二輪免許で乗れるBMW「G310 R」のバリエーションはアドベンチャーモデルの「GS」!?

ちなみに、こんなモデルの存在も、グローバルでは公式リリースされています(未発売)。

BMWモトラッドからは、本当に目が離せませんね!

BMW「G310R」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,005×820×1,080mm(全幅と全高はミラー除く)
  • ホイールベース:1,374mm
  • シート高:785mm
  • 車両重量:158.5kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:313cc
  • 内径×行程:80.0×62.1mm
  • 圧縮比:10.6
  • 最高出力:25kW(34PS)/ 9,500rpm
  • 最大トルク:28Nm / 7,500rpm

参考-BMW Motorrad Japan
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。