BMWモトラッドの新しい純正カスタム!高品質・エレガントな「BMW Motorrad Spezial」が始まる!

洋の東西を問わず、また今も昔も、ライダーは趣向に応じてモーターサイクルをカスタムして楽しんできたわけですが……今風に言うと”パーソナライズ”なんて言うみたいですね。

BMWモトラッドは、そんな”パーソナライズ”の流れに対して「R nineT」シリーズをリリース。

コレはバーゲンプライス!カフェレーサーBMW「R nineT Racer」の国内仕様はお買い得!

コレまたお買い得!BMW「R nineT Urban G/S」のアメリカ価格が発表されたぞ!

ココに挙げた2モデルを含めて、基本構成を同じくする個性的な5モデルをラインアップすることで、時代の流れをリードしているのですが……

「BMW Motorrad Spezial」とは

この度、BMWモトラッド(本社)が発表したのが、「BMW Motorrad Spezial」という新しいサービス。

既存の純正アクセサリーに追加される、新しいカスタムパーツのブランドラインといった感じになります。

コチラは「BMW Motorrad Spezial」パーツを装着した「R 1200 RT」。ノーマル車両も充分にエレガントなのですが、それより更に上質な印象を与えます。

比較のため、ノーマル車両を掲載しておきましょう。

「BMW Motorrad Spezial」パーツ装着車は、カラーリングのほか、シートレザーが変更されています。

「BMW Motorrad Spezial」は、デザイン性とパフォーマンスを向上させる純正のアクセサリー群。最高レベルの素材を用いて、スキルを持った職人がディテールにこだわって創り出します。

そのデザインは純正らしく、パーツ単体としてではなく、モーターサイクル全体と調和するよう考えられています。

当初はご覧のようにツーリングモデル&ヘリテージモデルを中心にスタートするそうですすが、ラインアップは順次拡充される予定です。

今回パーツ装着車両の画像が公開されたのは、冒頭に掲載した「R 1200 RT」と、この「K 1600 GTL」、それに……

コチラの「K 1600 GT」の3モデルとなります。

「BMW Motorrad Spezial」パーツラインアップ

公開されたパーツ群を列挙しましょう。

まずは、この特別色”Blueplanet Metallic”仕上げ。メタリックですがギラギラし過ぎてなく、深みがあり、実にBMWらしいカラーではないでしょうか?

「K 1600 GTL」に同じ特別色を施すと、こんな感じ。実にエレガントでございます。

同じく特別色の”Sparkling Storm Metallic”。

そして3モデル全てに、こちらの本革(と思われる)渋いカラーのレザーシートが用意されています。

特別色”Blueplanet Metalic”&シートを併せて装着すると、こんな感じ。グッと来ますね……

コチラは「K 1600 GT」用の鍛造ホイールです。

装着方法も選べる!

これら「BMW Motorrad Spezial」パーツは、新車に装着しても、また後日、正規販売店でも装着が可能となる見込み。もちろん純正アクセサリーだから、保証の類にも完全に対応するそうです。

今のところ、BMWモトラッド・ジャパンからの発表はありませんが、恐らくきっと、日本にも導入されるはず。オーナーの方は、楽しみにお待ちくださいね!

参考-BMWモトラッド(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。