ケーシー・ストーナーも驚いた!ホンダ「RC213V‐S」のポテンシャル

2013年・2014年のMotoGPクラスにおいて2連覇を達成したレース用マシン「RC213V」の公道仕様である「RC213V‐S」。

そんな「RC213V‐S」を、MotoGPクラスチャンピオンであるCasey Stoner(ケーシー・ストーナー)選手が試乗した動画が、ホンダ公式YouTubeチャンネルにて公開された。

RC213V-Sとは?

ケーシー・ストーナーも驚いた!ホンダ「RC213V‐S」のポテンシャル

まずは、先月(2015年7月13日)より商談受付を開始した「RC213V-S」について紹介したい。

ケーシー・ストーナーも驚いた!ホンダ「RC213V‐S」のポテンシャル

「RC213V‐S」は、これまでのホンダがレース参戦で得た技術の市販車への還元ではなく、MotoGPに参戦するために開発したマシンを一般公道で走行させるという、新たな試みなのである。世界選手権レースに勝利するためには「世界一速く走るマシン」が必要だが、ホンダの考えとしては「マシンはライダーが操るもの」としており、「扱いやすさ=勝つために必要な手段」と位置付けている。言い換えるならば「世界一速く走るマシン=世界一操りやすいマシン」という思想である。

ケーシー・ストーナーも驚いた!ホンダ「RC213V‐S」のポテンシャル

ホンダは1954年のマン島TTレース参戦以来、いつの時代もこの「Honda思想」に基づいて「世界一操りやすいマシン」を目指してレース用マシンを開発し、勝利を重ねてきた。

なお「RC213V‐S」の販売予定地域は欧州・米国・豪州・日本となり、メーカー希望小売価格(税込)は、欧州で18万8,000ユーロ、オーストラリアで24万4,000オーストラリアドル、アメリカで18万4,000ドル、日本で2,190万円となっている。高額に思うかもしれないが、レース車両の開発には一般的に数億円〜数十億円の開発費用を要すると言われているため、むしろ安価と言えるだろう。

ケーシー・ストーナー選手とは?

ケーシー・ストーナーも驚いた!ホンダ「RC213V‐S」のポテンシャル

MotoGP好きであれば知らぬものはいないほどの有名人ケーシー・ストーナー選手。しかし、これから知る方のためにも、あえて今回は彼についても触れておきたい。

ケーシー・ストーナー選手はオーストラリア出身のプロレーシングライダーであり、2007年と2011年のMotoGPクラスにおいて2度のチャンピオンに輝いている。2012年シーズンをもって引退を表明していたが、2015年の鈴鹿8耐で奇跡的に限定復帰した。

ケーシー・ストーナーも驚いた!ホンダ「RC213V‐S」のポテンシャル

ケーシー・ストーナー選手といえば、何と言ってもマシン特性を瞬時に把握する能力に長けているという点であろう。以前インタビューで「マシンの性能を信じて、あとは自分が考えすぎずに走るだけ」と語っているが、熟考することなく走るだけでチャンピオンに輝けるのであれば、これを”天性”と呼ばずに何と呼ぼうか。

なお、限定復帰した鈴鹿8耐では、まさかのクラッシュに見舞われてしまったわけだが、ここでは割愛さえていただく。

それでは、そんなケーシー・ストーナー選手も認める「RC213V-S」のテストライド動画をご覧いただきたい。

いずれにしても決して買いやすい価格ではないが、レーサーレプリカではなく公道も走れる本当のレースモデル、天才ライダーであるケーシー・ストーナー選手も驚くほどのスーパーマシンが買えるとあらば、心踊らずにはいられない。

公道で出会う確率はほぼ皆無かもしれないが、願わくば遭遇してみたいものだ。

参考 – Youtube : Stoner with RC213V-SHONDA : RC213V-S

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。