キーワードは”和”…ホンダCBシリーズ限定カラー6車種を一挙公開!

ホンダから、400ccクラスの定番モデル「CB400」、空冷大型ロードスポーツの定番モデル「CB1100」、そして大型ロードスポーツモデル「CB1300」に特別なカラーを施した限定モデルが一挙に計6台投入されました。いずれも魅力的な限定カラーですが、どのモデルも”“をイメージしたカラーが採用されています。

今回は、4月に販売開始された限定モデルを一挙にご紹介しましょう。

「CB1300 SUPER BOLD’OR」&「CB1300 SUPER FOUR」

CB1300 SUPER BOL D'OR(スーパーボルドール)E Package Special Edition

CB1300 SUPER BOL D’OR(スーパーボルドール)E Package Special Edition

CB1300 SUPER FOUR E Package Special Edition

CB1300 SUPER FOUR E Package Special Edition

まずは「CB1300」に追加された2車種から。

限定モデルのベースとなったのは”E Package”仕様(ETC車載器・グリップヒーター・専用インジケーターランプを標準装備したタイプ)。そして限定モデルは「CB1300 SUPER BOL D’OR(スーパーボルドール)E Package Special Edition」と「CB1300 SUPER FOUR E Package Special Edition」です。前車はフロントカウルを装着したモデル、後車はネイキッド・モデルです。

日本の伝統、“漆塗り”のイメージをカラーリングで表現された両車は、漆黒をイメージした深みのあるグラファイトブラックを基調としており、そのブラックに映える朱色を表現したキャンディーアルカディアンレッドの専用ストライプを採用。随所に特別感あふれるカラーリングを施しています。

基本スペックはベースモデルと同じですが、この特別仕様車では

  • シリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーがブロンズゴールドに変更
  • 前後ホイール、ブレーキディスクハブ・キャリパー、トップブリッジ、ステアリングステム、フロントフォークキャップをブラックで統一
  • スイングアームとチェーンケースにはブラックアルマイト加工
  • CBのロゴをデザインに取り入れた専用リムストライプの採用
  • リアショックスプリングが朱色に変更
  • リアサスペンションのリザーバータンクはダークシルバー仕上げ

と、細かな部分に独自カラーを採用することで、”限定感“溢れる仕上がりとなっています。

受注期間限定での発売で、期間は2016年4月18日(月)から6月1日(水)まで。販売価格は「CB1300 SUPER BOL D’OR E Package Special Edition」が150万7,680円(税込)、「CB1300 SUPER FOUR E Package Special Edition」が137万8,080円(税込)。

「CB1100」&「CB1100 EX」

CB1100<ABS>Special Edition

CB1100<ABS>Special Edition

CB1100<ABS>Special Edition

CB1100 EX<ABS>Special Edition

次は「CB1100」の限定カラーを2車種。空冷大型ロードスポーツモデル「CB1100<ABS>Special Edition」と「CB1100 EX<ABS>Special Edition」が登場しました。

美しい空冷4気筒エンジンを搭載した定番の大型ロードスポーツモデル「CB1100<ABS>」と「CB1100 EX<ABS>」がベースです。前車は、こちらも日本の伝統“漆塗り”の深みのある漆黒を主体色に、白のストライプを組み合わせた特別感のあるカラーリング。ちなみに”正絹(しょうきぬ)”とは、”混じり物のない絹糸、絹織物”のことだそうです。後車は、落ち着きと上質感を兼ね備えた主体色(チタニウムブレードメタリック)に、特別感を演出するストライプを組み合わせています。この両車も基本スペックはベースモデルと同じですが、「CB1100<ABS>Special Edition」だけの特別仕様として以下の変更が加えられます。

  • 主体色に、深みのある“漆黒”のグラファイトブラックを採用
  • 燃料タンクとサイドカバーに、“正絹”の白をイメージしたシャスタホワイトの市松模様のストライプを採用
  • フロントフェンダー・リアフェンダー・テールランプボディーにも、グラファイトブラックを採用

また、「CB1100 EX<ABS>Special Edition」だけの特別仕様として以下の変更が加えられます。

  • 主体色に金属調チタニウムブレードメタリックを採用
  • 燃料タンクにダークネスブラックメタリックの新ストライプを採用
  • シリンダー・クランクケースをブラックに変更

受注期間限定での販売となっており、受注期間は2016年4月11日(月)から6月1日(水)まで。気になる販売価格は、「CB1100<ABS>Special Edition」が109万2,960円(税込)、「CB1100 EX<ABS>Special Edition」が120万960円(税込)となっています。

「CB400 SUPER BOL D’OR」&「CB400 SUPER FOUR」

CB400 SUPER BOL D'OR

CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>

CB400 Super Four

CB400 Super Four

最後は400ccクラスのロングセラーモデルを2車種。フロントカウルを装着した「CB400 SUPER BOL D’OR(スーパーボルドール)<ABS>Special Edition」と「CB400 SUPER FOUR<ABS>Special Edition」です。先に紹介したフラッグシップ・モデル「CB1300」の Special Editionに準じたカラーリング=“漆塗り”を施されています。この特別仕様だけの変更点は以下の通りです。

  • 燃料タンクに立体エンブレムを採用
  • シリンダーヘッドカバーはブロンズゴールドを採用
  • ホイール・ブレーキディスクハブ・ブレーキキャリパーをブラックで統一
  • スイングアームにはブラックアルマイト加工
  • CBのロゴをデザインに取り入れた専用リムストライプの採用
  • リアショックスプリングが朱色
  • リアサスペンションのリザーバータンクがダークシルバー仕上げ

こちらも期間限定での販売となっており、受注期間は2016年4月11日(月)から6月1日(水)まで。販売価格は「CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>Special Edition」が95万7,960円(税込)。「CB400 SUPER FOUR<ABS>Special Edition」が86万760円(税込)となっています。

いかがでしたか? 限定モデル好きの方にとっては堪らない、特別感に溢れた6車種です。販売台数は限られていますので、欲しいという方は急いだほうがいいかもしれませんね。

参考 –  Honda

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。