ホンダCBR1000RRのDNAを受け継ぐ「CBR400R」の2016年モデルが発売!

ホンダは、直列2気筒400ccエンジンを搭載したスポーツモデル「CBR400R」の外観デザインを一新し、各部の熟成を図った2016年モデルを、2月26日(金)から発売した。

「AGGRESSIVE SPEED SHAPE」がスタイリングコンセプト

トリコロールイメージのロスホワイト

トリコロールイメージのロスホワイト

「CBR400R」は、「AGGRESSIVE SPEED SHAPE」をスタイリングコンセプトに、CBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のDNAを受け継ぐ、スピード感を強調した外観に一新された。新設計のLEDデュアルヘッドライトとテールランプを採用し、前方にスラント(※)させたフロントカウルから跳ね上げたリアカウルまで、エッジの効いたキャラクターラインによって個性的なフォルムとなった。

※スラントとは傾斜させたという意味

フューエルタンク容量を1L拡大、マフラーも心地よいエキゾーストサウンドに!

精悍なグラファイトブラック

鮮やかなヴィクトリーレッド

新形状の異型断面マフラーは内部構造などを変更し、排気効率の向上とマスの集中化を図るとともに、低音を増幅させることで心地の良いエキゾーストサウンドを実現。また、フロントサスペンションにはライダーの走りの好みに応じて調整可能なプリロードアジャスターを装備。

新設計のフューエルタンクは、容量を1L拡大するとともに、給油時に便利なヒンジタイプのキャップを採用。さらに、ライダーの手の大きさに合わせ5段階の調整機構付きのブレーキレバーが装備されるなど、利便性の向上が図られている。

なお、車体色はロスホワイト、ヴィクトリーレッド、グラファイトブラックの3色となっている。

CBR400Rのスペック

全長×全幅×全高: 2,080×750×1,145mm

軸距: 1,410mm

最低地上高: 140mm

シート高: 785mm

車両重量: 192kg(ABSは194kg)

乗車定員: 2名

エンジン型式・種類:水冷4ストローク DOHC 4バルブ 直列2気筒

総排気量: 399cc

最高出力: 34kW(46PS)/ 9,500rpm

最大トルク: 37N・m(3.8kgf・m)/ 7,500rpm

燃料タンク容量: 16L

クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式

変速機形式: 常時噛合式6段リターン

タイヤ:F-1120/70ZR17M/C(58W) / R-1 160/60ZR17M/C(69W)

ブレーキ形式:FR- 油圧式ディスク

フレーム形式:ダイヤモンド

なお、価格は全て税込で、ヴィクトリーレッドとグラファイトブラックが 69万9,840円、ロスホワイトが73万2,240円。ABS仕様車はヴィクトリーレッドとグラファイトブラックが 75万600円、ロスホワイトが 78万3,000円となっている。

参考 –  Honda

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。