サーキットでミニバイクレースにオススメの車種はコレだ!

これからミニバイクでオンロードレースをやりたい人へオススメ車両をご紹介しよう。

まず現在のミニバイクレース界は縦型エンジンがメインとなっている。その縦型エンジンの機種の中で、大ざっぱに「レーサーモデルにするのか」、それとも「ストリートモデルにするのか」が大きな分かれ道となる。

02

トランポもあるし完全にレースにしか使わないというなら、レーサーを買う方が良い。今新車で買えるのは、ホンダの4ストロークミニバイクレーサー「NSF100」。保安部品などの余計なものが付いていないので非常に軽く、余計なカプラーや配線関係もないので整備も容易だ。競技を前提としているので割り切って使えるのと、購入してしまえば、走行する分にはそこからあまり予算がかからないのも良い。イコールコンディションで戦う「NSFトロフィー」に出場するという目標を立てるのも良いだろう。

03

街乗りもしたいならホンダ「エイプ」であれば比較的気軽に楽しめる。ツインリンクモテギで開催されている「DE耐!」や、筑波サーキットの「茶耐」などでも人気の車種だ。

但しレースに出るならアンダーカウルの装着やゼッケンプレート装着など、レギュレーションに合わせてのモディファイはしなければならない。一番の問題は通常のエイプは前後ドラムブレーキなので、足周りの強化が必須になるところ。「エイプType D」は前後ディスクブレーキだが、中古市場であまり出回らない。

04

その点「XRモタード」であれば、はじめからゼッケンプレートが既に付いているほか、前後ブレーキもディスクブレーキだ。そのため「XRモタード」の方がレースに出る事を前提としているのであれば、手間は少なくて済む。

05

しかし、モタードスタイル故にトップスピードを求めると、やはりフルカウル車両の方が空気抵抗が低減するので有利。特に直線の長いフルコースの場合にはかなり差が出る。

06

「エイプ」や「XRモタード」で最高速の伸びを求めるならばフルカウルを装着してしまうというのもありだ。

自分なりのカスタム車両を作り上げてレースに出るのも楽しいですよ!

参考 – オートボーイSS

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。