お洒落な「NISSINクラッチマスター用スモークタンク」でハンドル周りをドレスアップ!

カスタム好きのバイク乗りであればデイトナさんからリリースされている「NISSINクラッチマスター用スモークタンク」が気になっている方も多いことでしょう。ライトスモークがかった半透明タンクがイカスんですよね。

デイトナ製「NISSINクラッチマスター用スモークタンク」

今年に入ってから’89年式「ZTR250SPR」を手に入れてコツコツ直している筆者ですが、リアのマスターカップがひび割れてヤバそうなので変えたかったのです。

そこで小振りなサイズで色合いも痺れる「NISSINクラッチマスター用スモークタンク」に変更してみます。

実は既にリアブレーキはオーバーホール済みで、ブレーキフルードも交換済み。

それをまたフルード全交換してエア抜きして……なんて面倒なので、カップのみ簡単に交換していきます。まずはカップに入ったフルードを吸い出します。

純正マスターカップを外してみたらニップル径がφ10でした。

「NISSINクラッチマスター用スモークタンク」はφ8なのでこのままでは使用できません。

サイズ違いのホースを繋いでくれる「ホース変換ジョイント」

そんな時はキジマ製の「ホース変換ジョイント 500円(税別)」を使って対応すればOK。

NISSINクラッチマスター用スモークタンク→φ8ホース→ホース変換ジョイント→φ10ホースとなります。

ホースを繋いだらブレーキフルードを入れて完成。エアが抜けているかは必ず確認すること。ここまでの説明で分からないことがある人は、必ず信頼のおけるバイク屋さんでやってもらいましょう。

本来はクラッチマスター用のタンクですが、カスタムパーツとしても一工夫すればブレーキ側にも流用可能ってワケです。お値段も安いし、これはとってもナイスな商品でしょ〜!

「NISSINクラッチマスター用スモークタンク」の詳細

NISSINクラッチマスター用スモークタンク

価格:2,200円(税別)

仕様:DAYTONA/NISSINタンク別体クラッチマスター用タンクオプション品。ライトスモーク仕様のリザーバータンクASSY(ホース無し)。ご使用の標準タンクと交換取付。当社MCキャップや、市販のタンクキャップがそのまま使用可能です。

  • キャップ、ダイヤフラム、プレート、キャップガイド付き
  • ホースは付属しません
  • ニップル径φ8

参考-DAYTONA
NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。