アドベンチャーモデルに進化!ドゥカティ「Multistrada Enduro Pro」がヨーロッパで発表!

ドゥカティのアドベンチャーモデル「Multistrada Enduro」は、150HPを発生するテスタストレッタDVTエンジンを搭載。30リットルと大容量の燃料タンク、19インチのフロントホイール、それに200mmのホイールトラベルを有し、路面状況を問わず、長距離ライドの最高の相棒となってくれます。

唯一、本気のアドベンチャーライダーが希望していたのが、オフロードでの走行性能の向上でした。

ドゥカティ「Multistrada Enduro Pro」

そんな声に応える形で追加されたニューモデルが「Multistrada Enduro Pro」。ドゥカティにしては珍しいカラーは”サンドカラー”という色名です。リリースには”Rough Surface”と表記されていますが、マット仕上げという意味でしょうか?

さて、アドベンチャーモデルとしてのオフロード性能向上という点では、前後タイヤの変更に注目!

“Pirelli”のSCORPION™ Rallyを履いておりまして……

サイズは、前は120/70 R19、後は170/60 R17です。

“Touratech”製クラッシュバーにはLEDフォグライトを搭載しています。これはオフロード走行を始めとするアドベンチャーライドにチャレンジする方にとって、ありがたい装備でしょう。

このクラッシュバーを装備するため、ベースモデルに装着されていたシュラウドは取り外されています。

ベースモデルと比較して精悍な顔つきは、ロースクリーンによるものです。

“Termignoni”のチタン製スリップオンマフラーを装備することで、2HPアップの152HPとなります。

この辺りまでが、アドベンチャースポーツ・モデル化するための変更点と言えましょう。

その他の変更は、上質感の向上に充てられておりまして……

プレミアムカーのような上質感漂うツートーンのシートを装備しているほか……

リアフレームは、本モデル専用で、ブラックとされています。

発売日と価格は?

アドベンチャースポーツ・モデルとして進化した「Multistrada Enduro Pro」。残念ながら今のところヨーロッパ・アメリカ向けとしては発表されていますが、日本への導入は未定となっております……

が、コレはきっと国内でも需要があると思いますので、ドゥカティ・ジャパンさんに期待しましょう!

ドゥカティ「Multistrada Enduro Pro」のスペック

  • 全長×全幅×全高:- × – × – mm
  • ホイールベース:1,594mm
  • シート高:870mm
  • 車両重量:232kg(乾燥)
  • エンジン種類 / 弁方式:空冷4ストロークテスタストレッタDVT デスモドロミック可変バルブ、L型2気筒4バルブ デュアルスパーク
  • 総排気量:1198.4cc
  • 内径×行程:106.0×67.9mm
  • 圧縮比:12.5
  • 最高出力:112kW(152hp)@9,500rpm
  • 最大トルク:128Nm(94lb-ft)@7,500rpm

参考-ドゥカティ(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。