魅力的なニューカラーが追加!ついでにドゥカティ「XDiavel」を復習だ!

ドゥカティらしからぬロー&ロングのフォルムにLツインエンジンを搭載したクルーザー「XDiavel」は、欧米では着実にファンを拡大しています。そのため……

世界限定666台!ドゥカティとディーゼルのコラボモデル「Ducati Diavel Diesel」が艶めかしすぎる!

ドゥカティ自身の手により、あの”Diesel”とのコラボモデルを世界限定666台で販売たり……

劇的にカッコイイ!ドゥカティ「XDiavel」をベルギーの人気ビルダーがカスタムするとこうなる!

カスタムビルダーとのコラボによるカスタムバイクを製作したりと、様々なプロモーションを行っています。

「XDiavel S」にニューカラーが追加された!

そんなドゥカティ「XDiavel S」にニューカラーが追加されました。それがコチラ!“Iceberg White”という名称のニューカラーでございます。

9/5~9/10にオーストリアで開催されるヨーロッパ最大級のカスタムバイク・イベント”Faaker See Rally”に展示されました。

「XDiavel S」にニューカラーが追加された!

さて、新色紹介だけでは物足りないので、ついでに「XDiavel」を復習しましょう!
そもそも「XDiavel」は2016年にリリースされたモデル。典型的なアメリカ的なクルーザーとドゥカティの融合により実現した斬新さが魅力となり、欧米で人気モデルとなっています。

完全に新設計されたドゥカティ・テスタストレッタDVT 1262 L型2気筒エンジンは、ユーロ4に適合。DVT(デスモドロミック可変バルブタイミング)システムを搭載しています。「ムルティストラーダ1200」で初めて導入されたこのエンジンは、低回転域から大きなトルクを発生し、滑らかなパワー・デリバリーと、高回転域まで続く力強いトルク特性を得るため、全面的に見直されています。

総排気量1,262ccのエンジンは最高出力112kW(152hp)@9500rpm、最大トルク126Nm(12.8kgm)@5000rpm。実にパワフルです。

シート高755mm、ホイールベース1,615mmとクルーザーらしい体躯。車両重量は247kgと、ドゥカティのモデルにしては重量級です。

また「XDiavel」はベルトドライブを採用した初のドゥカティ製品としても知られています。

クルーザーの世界では常識となっているベルトドライブは、テスタストレッタDVT 1262が発生するパワーを確実にリアホイールに伝達するため、ドゥカティのエンジニアによって開発されました。ベルトドライブは、クルーザー・オーナーが求める、静かな走行音、清潔性、少ないメンテナンス頻度、滑らかなスロットル・レスポンスを提供します。

さて、今回発表された新色を含む上級バージョンが「XDiavel S」。ガソリンタンクへのストライプや……

DRL(Daytime Running Light)を採用。上級バージョンらしい上質さを加えています。

「XDiavel S」のニューカラーは日本にも!

いかがでしたでしょうか?ドゥカティ「XDiavel S」のニューカラー”Iceberg White”。実に爽やかでメカニカルな本モデルの魅力を引き立ていると思います。

ドゥカティ・ジャパンのウェブサイトを覗いてみたところ、このニューカラーも日本に導入されるようです。仕事早いですな~

ドゥカティ「XDiavel S」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,310×1,010(ミラー含む)×1,133mm(ミラー除く)
  • ホイールベース:1,615mm
  • シート高:755mm
  • 車両重量:247kg
  • エンジン種類 / 弁方式:テスタストレッタ DVT デュアルスパーク L型2気筒水冷 デスモドロミック4バルブ
  • 総排気量:1,262cc
  • 内径×行程:106×71,5mm
  • 圧縮比:13:1
  • 最高出力:112kW(152hp)@9500rpm
  • 最大トルク:126Nm(12.8kgm)@5000rpm

参考-ドゥカティ(ジャパン)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。