イジらず乗りたい!ハーレーダビッドソンのニューモデル「LOW RIDER S」

ハーレーダビッドソン・ジャパンは、スペシャルモデル”Sシリーズ”の第三弾として、Screamin’ EagleR Twin Cam110エンジンを搭載したニューモデル「LOW RIDER S」及び、最先端のフィニッシュとテクスチャを採用し、ダークな外観が特徴のニューモデル「CVO Pro Street Breakout」の2車種を、2016年1月28日より同時に販売開始すると発表した。ここではまず「LOW RIDER S」にスポットをあて、紹介していこう。

Screamin’ EagleR Twin Cam110エンジンを搭載したパフォーマンスクルーザー

「LOW RIDER S」が具体的にどういったバイクなのかと言えば、ダイナフレームにハーレーのエンジンの中でも最も強力なScreamin’ Eagle Twin Cam 110 エンジンを搭載し、ヘビーブリーザーインテークを追加されたハーレーということだ。

また、トールバーやミッドマウントコントロール、新型のシートに加え、フロントとリアには高品質のサスペンションを採用することで、強力なパワーを遺憾なく発揮するパフォーマンスクルーザーに仕上がっている。

ブラックアウトスタイルにゴールドのアクセント

外観上の特徴と言えば、全体的にブラックアウトしたスタイルに、ホイール、タンクエンブレムなどに配色されたゴールドがアクセントとなって、上品な大人のハーレーといった装い。アルミキャストホイールもマッチしていて、実に気品漂う一台に仕上がっている。

ノーマルの状態で、ここまで魅せる作り込みを感じさせる「LOW RIDER S」。日本中のライダーたちを魅了し続けるメーカーの強さを感じさせる一台だ。

LOW RIDER S SPEC

全長 :2,390 mm

シート高:685 mm

最低地上高:125 mm

レイク(度):30.5

トレール:128.3 mm

ホイールベース: 1,630 mm

タイヤ:F-100/90B19 57H、R-160/70B17 73V

フュエルタンク容量(L): 17.8L

オイルタンク容量(L):2.8L

車両重量:293kg

ラゲッジ積載容量:305kg

エンジン:エンジン型式 Screamin’ Eagle Twin Cam 110 空冷45度Vツイン

ボア: 101.6 mm

ストローク:111.1 mm

排気量: 1,801 cc

圧縮比:9.2:1

燃料供給方:インジェクション(Electric Sequential Port Fuel Injection)

最大トルク:143Nm/3,500rpm

価格: 229万円

参考 – Harley-Davidson Japan

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。


for Ride TOPIX

Latest for Ride

Recommend for Ride