日本の誇り!世界がリスペクトするスズキ「隼(ハヤブサ)」に新色が登場!

日本製のモーターサイクルが世界を席巻して久しいわけですが、そんななかにあって特に世界中のライダーから畏敬の念をもって認められているのがスズキ「隼(ハヤブサ)」。

そんな「隼」の2017年モデルとして新色が設定されましたので、ご紹介しましょう!

スズキ「隼」2017年モデル

カラーは変われど、一目で「隼」と分かるスタイリングは、求める性能を形にする空力特性の追求から生まれたもの。

風洞実験により開発された、風の流れを巧みにかわす独特の有機的なエアロフォルムは、ライダーとマシン一体の「ワンピース」コンセプトによって、通常のライディングポジションから上体を伏せた姿勢まで、高い整流効果を発揮します。

「隼」のエンジンは、フリクションの低減を追求。最高出力145kW(197PS)、最大トルク155N・m(15.8kgf・m)を発揮し、最高出力だけでなく、そこに至るまでの中低速でのトルクを稼ぎ、乗りやすい特性を実現することで、扱いやすさを追求しています。

隼のディテール

アルミ鍛造ピストンを採用。オイルコントロールリングにはPVD(Physical Vapor Deposition)処理を施しています。均一なメッキ層の厚みと滑らかな表面処理が可能になるため、耐久性の向上とフリクションロス低減を実現。

アッパーコンプレッションリングにはL字形状を採用。燃焼ガスの圧力でリングがシリンダー壁に押し付けられ、優れたシール性を実現します。

シリンダーには、高い放熱性と優れた耐熱性を誇るSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)高速メッキ処理を施しています。また、各シリンダー下部を切り欠いて、ポンピングロスを低減するベンチレーションホールを構成しています。

バルブは軽量なチタン製を採用しており、バルブスプリングはシングル化。これにより正確なバルブコントロールが可能となり、メカニカルロスを低減しています。

フロントブレーキには、ブレンボ社製のラジアルマウントモノブロックキャリパーを採用。フロントフォークには、DLC(Diamond-Like Carbon)コーティングを施し、表面の均一化とフリクションロスの低減に貢献しています。

当然のことながらABSは標準装備です。

4-2-1-2のエキゾーストシステムには、大容量のアルミ製デュアルマフラーを採用。独特なマフラー形状は、充分なバンク角を確保するのに有利です。

カラーラインアップと価格は……

2017年モデル スズキ隼 パールビガーブルー /グラススパークルブラック(BBD)

2017年モデル スズキ隼 パールグレッシャーホワイト / グラススパークルブラック(AGT)

2017年モデル スズキ隼 グラススパークルブラック(YVB)

そんな隼ですが、2017年カラーとして発表されたのは、ここに掲載した3色。筆者的には、ブルーかホワイトが良いかな~と思いますが、皆さんは如何でしょうか?

気になる車両本体価格(消費税込み)は、160万9,200円です。性能と圧倒的な存在感を考えれば、充分にリーズナブルではないでしょうか?

最後にスペックを掲載しておきましょう。

スズキ隼のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,190×735×1,165mm
  • ホイールベース:1,480mm
  • シート高:805mm
  • 車両重量:266kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク直列4気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:1,339cc
  • 内径×行程:81.0×65.0mm
  • 圧縮比:12.5
  • 最高出力:145kW〈197PS〉/ 9,500rpm
  • 最大トルク:155N・m〈15.8kgf・m〉/ 7,200rpm

参考-スズキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。