待望の国内販売が開始!フルチェンで新DOHCを搭載したホンダ「CRF250F」2018年モデルを復習だ!

ホンダの4ストロークエンジン搭載モトクロッサー「CRF450R」の2018年モデルがマイナーチェンジして、国内発売が開始されたことは当サイトでも既にお伝えしています。

小型軽量リチウムイオンバッテリーを搭載!ホンダ「CRF450R&RX」の2018年モデルが発表!

2017年モデルで新世代ユニカムバルブトレインを採用した新設計の水冷4ストローク4バルブエンジンが採用されましたが、2018年モデルではエンジン本体には手は加えられておりません。

2017年モデルで新設計されたフレームについても2018年モデルでは変更なし。

小型軽量のリチウムイオンバッテリーを搭載していたことが2018年モデルの大きなトピックでした。

新DOHCエンジン&チタン製タンク!ホンダ「CRF250R」2018年モデルがヨーロッパで発表!

また、ヨーロッパで「CRF250F」の2018年モデルが発表されており、新しいDOHCエンジンを搭載していることをお伝えしています。

「CRF250R」2018年モデル(日本仕様)を復習だ!

コチラが国内販売の開始が発表された「CRF250R」2018年モデルです!

「モトクロスレースで勝つこと」を目的に、スタート時の優位性確保と加速性能の向上を目標に開発されています。

最大の注目ポイントは新設計のエンジンにあります。

ご覧のように、新たにDOHCへと変更されており、ボア、ストロークの基本諸元の最適化、吸・排気ポートのストレート化に加え、2系統に独立した排気システムなどを採用することで、エンジンの最高回転数と最高出力の向上を実現しています。

表面処理にカーボン硬質膜で摩擦を低減するDLC(Diamond-like carbon)を適用して、フリクションを低減したフィンガーロッカーアームを採用しています。また、シリンダーのオフセット量を最適化することでピストンとシリンダー間のフリクションが低減されています。

ピストン形状は、「ブリッジドボックス式」を採用することで、従来モデルと同重量としつつボア径を拡大。あわせて燃焼室の形状を最適化して圧縮比を高め、燃焼の高効率化を追求しています。

さらに、軽量高強度のチタン製の吸排気バルブを採用。バルブ径、バルブリフト量、バルブタイミングの最適化を図るとともに、バルブ挟み角度を狭角化しポート形状をストレート化するなど、吸・排気の効率化を徹底しています。

インテークはシンメトリーなダウンドラフトレイアウトを採用することで、吸入抵抗を低減しています。

各エキゾーストバルブに独立したエキゾーストポートを配しており、燃焼室直後のポート形状を極力ストレート化することで排気の効率化に寄与。右側エキゾーストパイプにはレゾネーター室を設けることで排気の脈動効果をコントロールし、高回転域の出力を損ねることなく低中回転域の出力を向上させています。

スカベンジポンプを採用することで給油経路を最適化。クランクケース内のオイルと空気を排出し負圧に保つことでフリクションを低減するとともに、排出されたオイルを利用してクラッチおよびトランスミッションを潤滑することでオイルシステムをコンパクト化させています。

細かい部分から徹底的に高性能化・最適化していることが伺えます。

さらに!ライダーにとって嬉しいのは、セルスターターの装備かも知れませんね!遂にキックスターターが廃止され、セルフスターターを標準装備。そして「CRF450R」の過去記事で紹介した、軽量コンパクトなリチウムイオンバッテリーが本モデルでも採用されました!

ライダーの好みに応じたエンジンモードの選択が可能となっているのも実用面で嬉しいところ。スロットルのコントロール性とレスポンス性のバランスを保ったモード1「STANDARD」、スムーズなパワー特性として主にスロットルコントロール性を重視したモード2「SMOOTH」、レスポンス性に優れた出力特性として主にパワー感を重視したモード3「AGGRESSIVE」の3種類を設定可能としています。

フレームのメインパイプをテーパー形状とし、フロントの安定感とトラクション性能を追求するとともに、剛性と柔軟性を高次元で両立させながら軽量化を実現しています。

スイングアーム長を従来モデルより短くすることで、ホイールベースの短縮による軽快な旋回性とトラクション性能に寄与。戦闘力を高めています。

キャスター角の変更などフロントのディメンションを見直すことでハンドリングの安定感を追求するとともに低重心化を図り、加速時のフロント浮き上がりを抑制します。

サブフレームは後端部を従来モデルの鍛造製から軽量な押し出し成型品に変更することで、マスの集中化に貢献しています。

 

そして、ここのところホンダが本格的に導入を始めたチタン製のフューエルタンクを採用!軽量化と低重心化を実現しています。

フューエルタンク上面とタンクキャップ形状を低くすることで、ライダーのスムーズなライディングをサポートします。

「CRF250R」2018年モデルの発売日と価格は……

いかがでしたでしょうか?今回のフルモデルチェンジの本気度がお分かり頂けたことと思います。

さて、気になるのは、その発売日と価格ですよね。10月27日(金)に受注期間限定で発売が開始されます。そして車両本体価格(消費税込み)は……831,600円です。内容を考慮すると、安~と思えますね。

「CRF250R」2018年モデル(日本仕様)のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,181×827×1,273mm
  • ホイールベース:1,486mm
  • シート高:957mm
  • 車両重量:108kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:249.4cc
  • 内径×行程:79.0×50.9mm
  • 圧縮比:13.9
  • 最高出力:非公開
  • 最大トルク:非公開

参考-ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。