KTM「690Duke」&「690Duke R」 進化の軌跡を2分で知る!

KTM「690Duke」&「690Duke R」2016年モデルが、4月16日より全国のKTM正規販売店にて発売開始されました。そこで今日は同モデルを簡単に紹介しつつ、シリーズの販売開始から現在に至るまでの進化の軌跡を辿ってみましょう。

690Duke R

690Duke R

690Duke

690Duke

まずは最新モデル。テキスト写真上2点のブラック(オレンジフレーム)が「690Duke R」、オレンジとホワイト(共にブラックフレーム)が「690Duke」です。いずれもエッジを効かせた印象的なフォルムであり、とてもスリムです。2016年モデルでは大きな変更が加えられ、より多くの人が楽しめるビッグシングルへと進化を遂げています。

s_Engine_01s_Cylinder head

2016年モデルではエンジンがリニューアルされています。ボア&ストロークが102×84.5から105×79.7mmへと変更され、最高出力が5馬力向上。さらにシリンダーヘッドにカウンターバランサー(上の写真中央部の半円に見えるパーツ)を装備したことで、ビッグシングル特有の嫌な振動を消し去り、スムースなパワーデリバリーを実現しました。

エンジンの高出力化に合わせての足回りも変更。また、よりスリムで足つき性を改善したエルゴノミックデザインのシートも用意されています。外からは見えませんが、新たな電子制御技術が投入されている点も見逃せません。3モードのトラクションコントロールをはじめ、急激なエンジンブレーキを緩和する「モータースリップ・レギュレーション」、ABSをフロントのみにしてよりスポーティーな走行を可能にする「スーパーモト・モードABS」など、より安全に、より楽しくスポーツライディングを楽しめるパーツをオプションで提供しています。

こうして前モデルまで残っていたビッグシングル特有のアク(それも個性でしたが!)を除き、市場でも珍しい、多くの人が楽しめるビッグシングルへと進化を遂げたました。ちなみに「690Duke R」は、スタンダード・モデル「690Duke」をスポーツライディングに特化させたモデル。詳細はKTM Japanのウェブサイトでご確認くださいね。

この「690Duke」は、どのような経緯をたどって進化して来たのでしょうか? その過程を駆け足で辿ってみましょう。

「690Duke」進化の経緯【初代】

s_KTM1994_duke1

s_KTM1994_duke2

そもそもKTMがエンデューロ・モデルをベースにしたロード対応モデルとして「620Duke」をリリースしたのは、今から20年以上も前。1994年のことでした。上2枚の写真は当時のメディア向け試乗会で撮影された「620Duke」。ミスターバイク編集部さんが撮影した貴重な写真をKTM Japanの許可を得て掲載しました。スリムであることは現行モデルと変わりありませんが、まだまだオフロードバイク然としています。

排気量アップでよりパワフルに【2代目】

s_s_2_640 DUKE II_1999-2007

こうして誕生した「620Duke」がモデルチェンジを受けたのは1999年。初期型から搭載していたLC4エンジンは620(609㏄)から640(625㏄)へと拡大されてパワフルになり、扱いやすさが増しました。またエクステリアを変更して”ロードモデル”としての魅力を高めています。

分かりやすいのは鍛造アルミ製ホイールの採用ですが、実は他にも大きな違いがあります。それはサイレンサー。(残念ながら逆向きの写真がないのですが)これまで左一本出しだったサイレンサーを左右2本出しへと変更。サイドカバーを大きくカットしてサイレンサーをエクステリアパーツとする新デザインの採用により、”ロードモデル”としての主張を強めました。この「620Duke」は2代目です。

よりストリートユースに特化【3代目】

s_s_3_690 DUKE_2008-2011

次の大きなモデルチェンジは2008年。3代目となる「Duke」が搭載する新しいLC4エンジンは、ストリートユースに優先順位を置いて開発されたそうです。排気量は645ccとなり、車名も「690Duke」に変更。2010年には「690Duke」の排気量を拡大した「690DukeR」がラインナップに加わりました。

ロードスポーツへと進化【4代目】

s_690Duke_black_90

そして2012年に登場したのが4代目(写真は2015年モデル)。いよいよ純然たるロードスポーツへと進化を遂げ、エンデューロ・ベースの車両から始まったとは思えない車体構成となりました。エンジンはシリンダーヘッド回りが大幅に変更を受け、ツインプラグ化されています。

そして2016年4月16日より販売開始されたのが、本記事最上部で紹介した2016年モデル「690Duke」&「690DukeR」というわけです。エクステリアの変更が大きくありませんので、これを5代目と呼ぶかは微妙ですが、内容的にはフルモデルチェンジと言ってよいと思います。価格は、「690Duke」が95万円(税込)、「690DukeR」が120万円(税込)。これはバーゲンプライスでしょう!

いかがでしたか? 駆け足でしたが、最新モデルの国内販売開始に合わせて「690Duke」進化の軌跡を辿ってみました。こうして過去を調べてみると、最新モデルへの興味もより高まりますね。

2016年モデルが気になった方はKTM正規販売店へGO!

参考 – KTM:690Duke690Duke R

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。