このメーカーのエンジンも!? スクーター専門メーカー「KYMCO」の大躍進がスゴイ!

スクーターと呼ばれるジャンルの歴史は古く、ヨーロッパや日本のメーカーもかなり昔からスクーターの製造を行なっていた。ただ、時代と共にモーターサイクルは高性能が求められるようになり、自然とスクーターの数も減少していった。

エコロジーや交通渋滞問題などが顕著になってきた1980年代頃から再び、スクーターが注目されるようになった。特に東京みたいな大都会では、排気量は小さくても小回りが効き、ギヤチェンジもなく、燃費もそこそこ良いスクーターは大人気になった。排気量が小さいから価格も安く、東京では小型スクーターが相当数走っている。この景色どこで見たような…そう台湾や、インドネシア・ベトナム・タイなどの東南アジアで毎日見かける風景だ。

そして現在、時代の移り変わりとともに、生産価格の関係もあり、日本のメーカーは、ほとんどの小型スクーターをアジアの各国の工場で生産している。

台湾の頼もしいスクーター専門メーカー「KYMCO」

そんな中、最もスクーターがメジャーと言われる台湾で、頼もしいメーカーが活躍している。「KYMCO」だ。

キムコはスクーター専門のメーカーだが、ここ数年の売り上げは素晴らしい。台湾は日本よりはるかに小さな島国(あえて国と考えている)なので、輸出が大きなウエイトを占めるが、ヨーロッパを中心にかなりのスクーターエンジンを生産している。

また、台湾国内でのスクーター市場の42%を超える販売台数を誇り、生産エンジンは125ccから700ccまで。最近は台湾国内でも125ccは少なく最小でも150ccクラスが主流となっている。当然、日本のマーケットも彼らにとっては重要であり、日本に現地法人を設立し、本格的な販売もスタートした。

125、150、180、300、330、400という排気量のラインアップで、125cc以外はスポーツタイプとなっている。そして、その制動性は日本国内メーカー製品と比較しても十分だ。あえて大排気量のマシンでなく中型に抑えたのは、それだけフレーム、エンジン、足回りを含めた総合的バランスに自信があるからなのだろう。筆者個人的にキムコの600ccのエンジンを載せたスクーターに何度か乗ってみたことがあるが、パワーでは日本メーカーの530ccや600ccのスクーターより間違いなく上回る。低回転から高回転までスムーズに吹き上がり燃費もかなり良かった。長期間乗ったわけではないので耐久性などはわからないが、少なくともキムコ側では、絶対の自信を持っているであろう。

ATV用エンジンまでも手掛けている

ちなみにこのメーカーは古くからエンジンを造っていた経歴があり、もちろん現在も多くの車種のエンジンを供給している。世界的に有名なヨーロッパの某モーターサイクルメーカーの大型スクーターのエンジンや、アメリカを中心に販売されている日本メーカーの一部のATV用エンジンも手掛けている。

大排気量のみの大陸的モーターサイクルメーカーや、オンロードスポーツのみ、またはオン・オフ専門的なスポーツ系のみなど、”専門”といわれるメーカーが世界にはいくつか存在する。そんな中で、この現代にスクーター専門メーカーとしてその業績を伸ばすキムコ。キムコの今後の動向(躍進)には目を見張るものがある。

参考 – キムコジャパン

松並学

松並学

広く、浅く、何にでも興味を持ってしまう老人一歩手前の九州人。カップルのことをアベックと言いそうになることを一番注意している今日この頃。