モトグッツィベースのカフェレーサー「Airtail」…テールがエア!? 名前の由来はテールにあり!

ツアラーのイメージが強いモトグッツィですが、美しいカフェレーサーに変貌を遂げた一台をご紹介しましょう。

イギリスはロンドンに本拠地を置くカスタムビルダー”Death Machines of London”が製作した「Airtail(エアテール)」です。名前の由来を紹介する前に、まずはディテールから紹介しましょう。

潔いカフェレーサースタイル

s_MGA_front_nocrop

フロントには同社オリジナルのロケットカウルに、ヘッドライトが二眼で装備されています。

MGA_side_nocrop

上記の写真ではわからないですが、エンジンはもちろんフルオーバーホール済み(後述)。クラッチはタッチが軽いといわれる”R.A.M.”、 キャブレターには”デロルト40mm”がセレクトされています。

s_MGA_tankdetail_nocrop

同社オリジナルのアルミ製ガソリンタンク。ペイントとポリッシュの使い分けが実にオシャレです。

続いて、サイドビューをご覧いただきましょう!

横から見てみると…

s_MGA_side_nocrop

アレッ!? シングルシートの後ろはシートカウルではなくて、何というか…スッカスカです!途中かな? いえいえ、実はコレはお客さんからの要望だそうです。赤いフレームの存在感が高まっており、実に面白いカスタムですね。スカスカ感を出すために、電装系も上手く隠されているのも見所です!

ここからは制作過程を見て行きましょう。

エアテールの製作過程

s_MGA_build_01

コチラがベースとなった1981年式のモトグッツィ「ルマンMkII」。筆者個人的にはオリジナルの状態で十分カッコイイと思うのですが、エアテールも全く別モノとして、スマートで良いデザインなのではないかと思います。

s_MGA_build_03

ピカピカに磨かれ、バランスをとったクランク・コネクティングロッド・ピストン。”ガワ”だけをピカピカにするカスタムでなく、きちんと内燃機にも手を入れるところに、カスタムビルダーの愛と情熱を感じます。

s_MGA_build_05

コチラはエアテールの由来となるテール部分の製作過程。溶接による仮留めを終えたところです。

リアビューから見ると名前の由来が見えてくる

s_MGA_topback_nocrop

s_MGA_35back_nocrop

リアビューからマシンを見ると、エアテールの名前の由来が良くわかりますね。このアイデアは実に斬新です!

いかがでしたか? ツアラーイメージのモトグッツィも実に良いですが、カフェレーサー・スタイルも良く似合っています。実に魅力的な一台ですね!

参考 – Death Machines of London

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。